【Word/Excel2007】4×4以上の行列の入力方法

Word2007、Excel2007以降では数式エディタも数式ツールとして少し使いやすくなりましたが、行列を入力するとき、標準的には3×3までの行列しか表示されていません。

4×4以上の行列の入力方法

 

4×4以上の行列を入力する場合は以下のようにします。

 

まず、 数式ツール→かっこ より行列のかっこを表示します。

 

4×4以上の行列の入力方法

 

次に 数式ツール→行列 でとりあえず3×3の行列を表示します。

 

4×4以上の行列を入力

 

次に行列のどれか1の四角(□)を選択し、マウスの右ボタンをクリックします。

 

4×4以上の行列を入力

 

すると、挿入というメニューがあるので、挿入を選択し、次に表示される

 

前に行を挿入
後に行を挿入
前に列を挿入
後に列を挿入

 

のいづれかを選択し、行、もしくは列を挿入します。
次の例を列を挿入した様子

 

4×4以上の行列を入力

 

同様にして行を挿入すると、

 

4×4以上の行列を入力

 

となり、4×4以上、いくらでも?追加する事が可能です。



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: Excel  タグ: , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です