【C++/CLI】8Bitモノクロのカラーパレット設定方法

モノクロ8Bitの画像を新規に作成する場合の、モノクロのカラーパレットは、以下のように作成します。

 


//8BitのBitmap作成
Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap(pictureBox1->Width, pictureBox1->Height, Imaging::PixelFormat::Format8bppIndexed);

Imaging::ColorPalette^ pal = bmp->Palette;

for (i = 0; i < 256; i++){  pal->Entries[i] = Color::FromArgb(255, i, i, i);
}

bmp->Palette = pal;

 

この処理を使ったサンプルプログラムは、こちらです。
cppcli_colorpalette(Visual C++ 2005 Express Editionで作成 )

 

プログラムのイメージはこんな感じです。
カラーパレットの設定方法

 



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: C++/CLI  タグ: , , . Bookmark the permalink.

【C++/CLI】8Bitモノクロのカラーパレット設定方法 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【OpenCV】IplImageから.NETのBitmapへ変換 | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です