【C#】GraphicsPathの描画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • GraphicsPathの特長の一つでもあるアフィン変換を駆使した描画をしてみたいと思います。

    パスの描画は、パスをnewしてAddLineなどのメソッドで図形を描画し、DrawPath(輪郭の描画)やFillPath(塗りつぶした描画)で描画を行います。

    private void Form1_Paint(object sender, PaintEventArgs e)
    {
        var path = new System.Drawing.Drawing2D.GraphicsPath();
    
        // 線の追加
        path.AddLine(0, 75, 300, 75);
        // 円の追加
        path.AddEllipse(75, 75, 50, 50);
        // 文字の追加
        path.AddString(
            "GraphicsPath",
            new FontFamily(System.Drawing.Text.GenericFontFamilies.Serif),
            (int)FontStyle.Regular,
            48.0f,
            new Point(10, 20),
            new StringFormat()
            );
    
        // 描画(塗りつぶす)
        e.Graphics.FillPath(Brushes.Red, path);
    
        ///////////////////////////////////////////////////////////////////
        // アフィン変換行列
        var mat = new System.Drawing.Drawing2D.Matrix();
        // せん断
        mat.Shear(-2, 0, System.Drawing.Drawing2D.MatrixOrder.Append);
        // 拡大
        mat.Scale(1.5f, 2.0f, System.Drawing.Drawing2D.MatrixOrder.Append);
        // 回転
        mat.Rotate(-30, System.Drawing.Drawing2D.MatrixOrder.Append);
        // 平行移動
        mat.Translate(100, 150, System.Drawing.Drawing2D.MatrixOrder.Append);
        ///////////////////////////////////////////////////////////////////
    
        // パスをアフィン変換
        path.Transform(mat);
        // Penの作成
        var p = new Pen(Brushes.Blue, 3);
        // 描画(輪郭を線幅3で描画)
        e.Graphics.DrawPath(p, path);
    }
    

    実行結果

    C# GraphicsPathの描画

    実際に実行して気が付いたのですが、線を塗りつぶし(FillPath)で描画すると、線は表示されないようです。

    一度作成したPathは使いまわして描画できるので、星みたいな多角形をいくつも書くのにも便利かと思います。

    文字を歪めたり、回転されられるのは、なんか楽しい!

    画像処理のためのC#へ戻る