Kinect for Windows SDK C#サンプルプログラム

先日公開されたKinect for Windowsと、そのSDKですが、これまでKinectは研究用途で黙認状態でしたが、このKinect for Windows(Kinect本体)を使う事で商用が可能となるインパクトは大きく、これからもKinectを使ったアプリもどんどん出て来ると思います。

 

しかし、SDKはC#版とC++とがあり、C#なら簡単に出来るかな~?!と思ってもKinect for WindowsのSDKではC#とWPFを使うので、WPFをやった事がないと少し分かりづらいと思います。

 

そんなWPFなんて分からない!という人(私)向けにC#だけサンプルプログラムを作ってみました。

 

基本はC#+WPFのKinect Explorerのサンプルをベースにして、分かり易さ重視?!で音声部分や必要の無さそうな部分は削除しました。(エラー処理もあまり考えていません...)

 

作成したプログラムはこんな感じ↓

Kinect for Windows SDK C#サンプル

 

サンプルプログラムはこちら↓よりダウンロードして下さい。

Kinect for Windows SDK C#サンプル (Visual Studio 2010 C#)

 

このサンプルを実行するには別途、Kinect for WindowsのSDKをインストールしておく必要があります。

SDKはこちら↓のページよりダウンロード可能です。

http://www.microsoft.com/en-us/kinectforwindows/develop/overview.aspx

 

インストール方法については、他の人のページですが、このへん↓

 

Kinect3 -Kinect for Windows SDK

 

を参考にしてみて下さい。

 

ちなみに、このサンプルプログラムを作るのには、Kinect for Windows SDKのヘルプファイルのHow Tosの部分がともて参考になりました。

 

英語ですが一度、目を通して見てみて下さい。

 

マイクロソフト 【商業用】Kinect for Windows センサー L6M-00005

  • 発売日:2012-02-01
  • カテゴリ:Personal Computers


web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: Kinect  タグ: , . Bookmark the permalink.

Kinect for Windows SDK C#サンプルプログラム への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【参考書籍】KINECT for Windows SDK プログラミング C#編 | イメージングソリューション

  2. ピンバック: Kinect SDKのダウンロード、インストール方法 | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です