Kinect SDK Bitmapクラスを使ったC#サンプル

Kinect SDKには、最初からC#のサンプルプログラムはありますが、xamlファイルがあったりSystem.Windows.Mediaを使っていたり、いまいち慣れない書き方をしているので、なんとなく逆行するような気もしますが、SkeletalViewerのサンプルを慣れ親しんだBitmapクラスを使って書いてみました。

 

あちこち手を抜いていますが、サンプルは首ふり機能も追加して、こんな感じです。

 

Kinect SDK C# Sample

 

サンプルプログラムはこちらです。

KinectSkeletalViewerCS.zip

動作させるにはKinect SDKがインストールされている事が必要です。

(Visual Studio 2010 C# Express版です。)

 



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: Kinect  タグ: , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です