Kinect SDKのダウンロード、インストール方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 2012.2.1 Kinect for Windows SDKはVer1.0になりました。

    下記、記事はβ版のものです。

    最新版のKinect SDKは下記ページより入手下さい。
    http://www.microsoft.com/en-us/kinectforwindows/develop/overview.aspx

    また、Ver1.0に関する記事を追加しました。こちらも参照頂けると幸いです。
    Kinect for Windows SDK C#サンプルプログラム


    6月17日の深夜にマイクロソフトより Kinect for Windows SDK beta が公開されました。

    Kinect SDKのメインページはこちら
    Kinect SDK
    http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/kinectsdk/default.aspx

    KinectSDKの動作環境は

    • Kinect センサー
    • デュアルコア2.66Ghz以上推奨
    • OS:Windows7(32bit、64bit)のみ
    • グラフィック DirectX9.0c が動作する環境
    • メモリ:2GB(4GB推奨)
    • Visual Studio 2010 (Expressで可)

    Kinect SDKのダウンロード

    下記ページより、PCの環境に合わせて、32bit版もしくは64bit版をダウンロードして下さい。

    Kinect SDK Download
    http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/kinectsdk/download.aspx

    Microsoft Speech Platform
    Software Development Kit (SDK)のダウンロード

    一部のサンプルプログラムでMicrosoft.Speech.dllが必要となります。

    この入手は

    http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=1b1604d3-4f66-4241-9a21-90a294a5c9a4&displaylang=en

    より

    x64\MicrosoftSpeechPlatformSDK.msi (64bit版)

    もしくは

    x86\MicrosoftSpeechPlatformSDK.msi (32bit版)

    をお使いのPCに合わせてダウンロードして下さい。

    インストールはファイル(MicrosoftSpeechPlatformSDK.msi)をダウンロード後、ファイルをダブルクリックし、インストールして下さい。

    インストール後、必要なライブラリファイル(Microsoft.Speech.dll)は

    C:\Program Files\Microsoft Speech Platform SDK\Assembly

    に保存されています。

    Kinect SDKのインストール

    Kinect SDKのインストールはいたって簡単です。

    ダウンロードしたファイル(KinectSDK64.msiなど)をダブルクリックし、NextをクリックしていけばOKです。

    Kinect SDKのインストール

    この時、環境変数のPATHが設定されるので、この設定を反映させるためにも、念のためKinect SDKをインストール後、PCを再起動した方が良いかも?しれません。

    デフォルトでインストールした場合、インストール後の主なファイルは以下のフォルダに保存されています。

    • dllファイル、サンプルexeファイル
      C:\Program Files (x86)\Microsoft Research KinectSDK
    • libファイル
      C:\Program Files (x86)\Microsoft Research KinectSDK\lib
    • ヘッダファイル(*.h)
      C:\Program Files (x86)\Microsoft Research KinectSDK\inc
    • ヘルプファイル
      C:\Program Files (x86)\Microsoft Research KinectSDK\docs
    • サンプルプログラムソース
      C:\Users\Public\Documents\Microsoft Research KinectSDK Samples

    サンプルプログラムの実行

    Windowsのスタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒Microsoft Kinect for Windows SDK BETAより

    • ShapeGame.exe
    • SkeletalViewer.exe

    の2つのサンプルが用意されているので、実行してみて下さい。

    ShapeGame.exe

    上図はShapeGame.exeの画面

    SkeletalViewer.exeでは深度画像、骨格データ、カラー画像が表示されますが、部屋が汚すぎて、画面はとても出せませんでした...

    サンプルソースは下記フォルダ

    C:\Users\Public\Documents\Microsoft Research KinectSDK Samples

    に保存されています。

    また、VB.NET 2010版のサンプルプログラムも下記のリンクより入手可能です。

    http://files.ch9.ms/coding4fun/KinectSDKSamplesVB.zip

    その他の情報についてはヘルプファイルや下記のページが参考になると思います。

    http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/kinectsdk/guides.aspx


    コメント

    1. […] 6/17 Kinect SDKのダウンロード、インストール方法 […]

    2. […] 6/17 Kinect SDKのダウンロード、インストール方法 […]