画像処理」タグアーカイブ

Canny edge detection

Canny edge detectionは画像の輪郭部分を抽出するのに、よく用いられるのですが、詳細なアルゴリズムを理解しないまま使われている事も多いのではないでしょうか?(それ、私) 特に、ヒステリシスしきい値の部分な … 続きを読む

カテゴリー: 画像処理, 画像処理アルゴリズム | タグ: , , | 1件のコメント

【C#】ImageDataクラスライブラリ公開

画像処理プログラムの基本は画像の輝度値(画素値)を取得して、様々な処理をすることとなりますが、C#では輝度値を取得するメソッドにSetPixel/GetPixelのメソッドが用意されていますが、これは処理が遅いことで有名 … 続きを読む

カテゴリー: C#, ImageData Class | タグ: , , | 4件のコメント

【参考書籍】Interface7月号はカメラx画像処理特集

Interface 2013年5月号に引き続き、7月号でも画像処理の特集を扱っています。   Interface (インターフェース) 2013年 07月号 [雑誌] 出版社:CQ出版( 2013-05-25 … 続きを読む

カテゴリー: 参考文献, 画像処理 | タグ: , | コメントする

画像センシング展/SSII2012

2012.6.6(水)~2012.6.8(金)にパシフィコ横浜にて画像センシング展2012 が開催されます。   この展示会は12月に開催される画像機器展に並んで画像処理機器(カメラ、レンズ、キャプチャボード、 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , | コメントする

バイラテラルフィルタ

ガウシアンフィルタなどのフィルタでは、ノイズをできるだけ除去しようとすると、輪郭もボケてしまうという欠点がありました。 この欠点を解決しようとした処理アルゴリズムがバイラテラルフィルタ(bilateral filter) … 続きを読む

カテゴリー: 画像処理, 画像処理アルゴリズム | タグ: , , | 6件のコメント

国際画像機器展2011

2011.12.7(水)~12.9(金)にパシフィコ横浜にて国際画像機器展2011が開催されます。 国際画像機器展2011 http://www.adcom-media.co.jp/ite/   無料ですので、 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , | コメントする

OpenCV-2.3.2-GPU-demo-pack-win32を試す

久々の投稿ですがSourceforgのOpenCVのページにGPUデモのプログラムが公開されていました。 http://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/files/openc … 続きを読む

カテゴリー: OpenCV2.3 | タグ: , , , | コメントする

【展示会情報】画像センシング展/SSII2011

2011年6月8日(水)~10日(金)、パシフィコ横浜にて   画像センシング展2011   が開催されます。   国内外のカメラ、照明、画像入力ボード、画像処理ソフトメーカが一堂に会するの … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , | コメントする

フィルタ処理の高速化アルゴリズム(縦横に処理を分ける)

前回、フィルタ処理の高速化アルゴリズム(重複した計算を行わない)で紹介した方法ではカーネルの値が全て同じでないと使えないので、今回はフィルタ処理を縦方向と横方向に分けて行う事でフィルタ処理の高速化を行う方法をガウシアンフ … 続きを読む

カテゴリー: 画像処理プログラミング | タグ: , , , | コメントする

フィルタ処理の高速化アルゴリズム(重複した計算を行わない)

画像フィルタ処理の高速化のテクニックを移動平均フィルタを例にとって紹介したいと思います。   カーネルのサイズが5×5の移動平均フィルタの場合、注目画素の周辺の5×5の輝度値を合計し、 その輝度値の合計を画素数 … 続きを読む

カテゴリー: 画像処理プログラミング | タグ: , , | 1件のコメント
Loading...