二値化

画像処理

ラベリング

二値化画像処理された画像において、白の部分(または黒の部分)が連続した画素に同じ番号を割り振る処理を ラベリングと言います。 通常、同じ番号ごとの面積(画素数)や幅、高さなどの特徴量を求めて欠陥検査や分類処理などに用いられま...
画像処理

判別分析法(大津の二値化)

判別分析法【discriminant analysis method】は大津の二値化とも言われ、分離度(separation metrics) という値が最大となるしきい値を求め、自動的に二値化を行う手法です。 分離度はクラス間分散...
画像処理

Pタイル法

Pタイル法【Percentile Method】は、画像の二値化したい領域が全画像の領域に占める割合をパーセント(%)で指定し二値化する手法です。 【処理例】 Pタイル法処理前 Pタイル法処理後 ...
画像処理

二値化

二値化【Binarization】では画像の輝度値が指定した値(しきい値【Threshold】)以上の場合は白、値未満の場合は黒にする処理を行います。 → 二値化処理前 二値化処理後 ...
タイトルとURLをコピーしました