シーシーエスさんでカラー光切断法のデモ実験を開催します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ

  • 8月18日(火)~21日(金)に恵比寿にあるシーシーエス株式会社 東京営業所にてカラー光切断法のデモ実験を行います。(本デモ実験は企業向けとなります)

    デモの案内はこちら↓

    シーシーエス株式会社 デモ実験開催のお知らせ

    カラー光切断法では、三次元形状(デプスマップ)と色情報(テクスチャ)が同時に取得できる独自のもので、高速、高分解能で撮影ができます。

    現状では、まだ寸法計測までは出来ませんが、撮影条件によっては数十μm程度の凹凸を認識できるレベルの能力を持っています。

    そのため、微妙な凹凸、打痕、欠けなどの検査や、デプスマップとテクスチャが同時に取得できる事から凹凸と汚れなどとの切り分けが可能になります。

    このカラー光切断は、開発から約2年になりますが、地味に高速、高分解能な物へと進化しつつあります。

    今回は、その進化した処理のプレビュー版をお試し頂けるとと思います。

    処理の様子はこちら↓

    画像を取り込み始めてから(ステージが動いてから)結果が出力されるまで、そこそこ速い事が分かると思います。

    他にもデプスマップ、テクスチャそのものも改善されています。

    ちなみに、従来の処理の様子はこちら↓

    使っている機材(照明やカメラ)は同じなのですが、取込スピードが速い事が分かるでしょうか?

    詳細は、是非、デモを申込み頂き、確認頂ければと思います。

    (参考)

    シーシーエス株式会社 デモ実験開催のお知らせ

    ※本キャンペーンは終了しましたが、評価環境はありますので、ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。