Vision China 2013へ行ってきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 先日、2013.3.18~21に中国の上海で開催されたVision China 2013へ行ってきました。

    正直、行く前はPM2.5が心配だし、日本人と分かるやいなやボコボコにされたらどうしよう?と思っていましたが、実際に行ってみると、そんな事は無く、無事、帰ってくる事ができました。

    というよりも、むしろお世話になった中国の方々には、非常に親切にして頂き、感謝感激です。

    そんな誤解を解く意味でも、実際に見て来た上海を記事にしたいと思います。

    展示会は、日本で言うと画像センシング展とセミコン、インターネプコン、Laser Expoが全部同時開催されているような、かなり大きな展示会です。

    展示会場はこんな感じ↓

    Vision China 2013

    空も、青々として、いい天気でした。PM2.5はどこへやら??

    事前準備

    上海の基本情報はこちらで調査。かなり参考になりました。

    予約した飛行機はAir China。

    Air ChinaのHPによると、機内持ち込みサイズが55x40x20センチの5kgまでとかなり厳しめ。

    (実際にはこのサイズ以上のカバンを持ち込む人も多く、結構、いい加減)

    手頃なカバンが無かったので、これを購入↓

    UNITED CLASSY 多機能二層式ビジネストラベルバック【6024】

    • カテゴリ:ウェア&シューズ
    • 定価:¥ 2,900

    2000円を切る値段で、若干不安な部分もありましたが、A3サイズが入るサイズという事で、なかなか使い易いサイズのカバンです。これなら、普段の出張にも使えそうです。

    PM2.5対策でマスクを購入

    • カテゴリ:

    買ってはみたものの、上海に入ると、誰一人としてマスクをしている人がいなく、入国直後に乗った地下鉄でもマスクをしていたら、あまりにもジロジロ見られるので、結局、その後にマスクをする事はありませんでした。

    でも、天気も良かったし、本当に必要なかったのかも?

    花粉症の私は日本で普通に使ってます。確かに耳が痛くならないかも?

    上海へ入国

    上海の飛行場は上海浦東国際空港上海虹橋国際空港との2つありますが、安い航空券の成田からの直行便は上海浦東国際空港へ行く場合が多いらしい。

    飛行機を降りると、昔懐かしいタラップが!

    Vision China 2013

    タラップを降りるとバスが待っているので、それで空港の建物内へ。

    空港へ入ったら、まずはiPhoneの設定。

    Vision China 2013

    キャリアの自動設定をoffにして、CHN-UNICOMを選択。

    詳細はこちらが参考になります。

    http://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/pdf/iphone_global_pocket_guide.pdf

    ちなみに、中国のネット規制もあるかと思い、無料のVPNも設定してみましたが、VPNをオフにしてもTwitterとかLINEが使えてました。

    空港から上海の市街地へはリニアモーターカーが便利。

    Vision China 2013

    以前は最高時速430kmを出していたそうですが、以前あった、中国新幹線の事故以来、最高300kmになったとのこと。

    実際に乗ってみると、成田エクスプレスとかの方が乗り心地がいいような。こそこそ揺れます。

    チケットは窓口で日本のSUICAみたいのを購入。(行き先は1か所しかないので、迷う事は無いと思います。)

    空港から市街へ行くときは、航空チケットの半券を、空港へ行くときはeチケットの控えを印刷した物を見せると料金が50元から40元となります。

    Vision China 2013

    ホームへ入る時は改札機の上へタッチ。出るときは下のカード挿入口へ入れる。

    Vision China 2013

    これは、地下鉄に乗るときも同じです。

    地下鉄の名前は1号線から13号線の名前が付いていて、日本より分かりやすいかも?

    路線図

    http://www.shmetro.com/node41/node45/200809/con100270.htm

    チケット(上記のSUICAみたいなの)を買うときは行き先をタッチパネルでクリックするので、何号線の何という駅へ行きたいのか?確認しておかないと、チケットが買えません。

    地下鉄に乗ってみたら、行き先案内板にWindowsっぽいエラー表示が~

    Vision China 2013

    展示会場にて

    展示会場に限らず、リニアモーターカーに乗るときなど、人の集まるところでは、大きな荷物はX線検査機を通す事が多かったです。

    Vision China 2013

    展示ブースでちょっとPCを触ったのですが、設定など、中国語がさっぱり分からない!

    Vision China 2013

    こちらが中国キーボード

    Vision China 2013

    最初、アルファベットもないのかな?とも思いましたが、プログラムを組むんだから、アルファベットは当然、あるはな~

    中国の方から差し入れてもらった缶コーヒー

    Vision China 2013

    懐かしいプルトップ。

    にしても、ほんと、気を使ってもらって、感謝。

    男子トイレ↓

    Vision China 2013

    男子トイレなのに、赤で表示されていると、ちょっと悩みます。

    逆に男女とも青っぽいマークのところもあったので、色ではなく、マークで識別しないといけない。

    ちなみに、上海ではおしりを拭いた紙は前にあるカゴに入れないといけないという情報があったのですが、ホテルとかでは、普通にトイレに流せるっぽく、おそらくこれか?↓

    Vision China 2013

    上海では都会なので、壁の無いいわゆるニーハオトイレはさすがに無かった。

    上海の街中にて

    車は日本車なんて乗っていると危険で、ぜんぜん無いんじゃなか?とも思っていましたが、以外と日本車も走っていた。

    Vision China 2013

    タクシーはVWが多く、普通車ではアウディも多かった。

    日本車の割合は3割ぐらいか?

    その中でもホンダ車が多かったような。

    おそらく車を持っている人は、かなりの富裕層なような...

    庶民の足?のスクーター

    Vision China 2013

    スクーターの8割ぐらいが電動だった。

    日本より、むしろエコでクリーンじゃん。

    しかし、交通マナーは悪く、横断歩道を渡っていても車に注意すべし。

    ホテルにて

    上海の電圧は220V

    電源プラグはC型かO型が多いとの事でしたが、コンセントはこのような形↓の物が多く、日本のプラグをそのまま差せるので、変換プラグを使う事は無かった。

    Vision China 2013

    泊まったホテルでは、ロビーではWifiが使えたのですが、部屋までには届いてなくて、部屋でも有線LAN

    Vision China 2013

    これ↓を買っておけば良かったかな

    コメント

    1. wang より:

      こんにちは!
      私も町田あたりでit関係をやっています。
      日本に来て四年ぐらい立っている中国人です。^^

      • akira より:

        遅ればせながら、コメント、ありがとうございます。
        ご近所で働いているんですね。
        どこかで会っているんですかね?
        私は町田modiの有隣堂とか、東急ハンズとかは、よく出没してるかも?