(Free Soft)Animation GIF Builder

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • アニメーションGifを作成するソフトは、いくつかフリーでもあるのですが、微妙に自分の欲しい機能と違ったりするので、オレオレ仕様で作ってみました。

    デスクトップ画面からのキャプチャや複数画像ファイルからのアニメーションGIFファイルの作成、各コマの画像の削除や順番入れ替えなどの機能を備えています。

    スクリーンショット

    Animation GIF Builder

    上図はエクセルのグラフをキャプチャしている様子ですが、パラメータを変えながらグラフ部分をキャプチャし、動くグラフを作成したのがこちら↓

    Animation GIF Builder

    この動くグラフを作りたくて、アニメーションGIFのソフトを作ってみました。

    ファイルダウンロード

    Ver.1.0.1 AnimationGifBuilder101 Gifファイルの上書き保存でファイルサイズが更新されないのを修正
    Ver.1.0.0 AnimationGifBuilder100 初版

    動作環境

    Windows PC

    .NET Framework 4.5.2

    使用方法

    上記よりファイルをダウンロードし、解凍したファイル

    • AnimationGifBuilder.exe
    • AnimationGifBuilder.exe.config
    • ImagingSolution.Imaging.AnimationGif.dll

    の3つを同一フォルダに入れ、AnimationGifBuilder.exeをダブルクリックして実行して下さい。

    ※必ず解凍してから使用してください。

    ウィンドウ名称

    Animation GIF Builder

    ●イメージリスト

    アニメーションGIFにする各コマの画像一覧を表示します。

    imageXXの部分を選択すると、プレビューウィンドウにその画像が表示されます。

    マウスもしくは矢印キーで画像の選択の選択を行います。

    必要の無い画像がある場合は、imageXXの部分を選択し、Deleteキーを押すか、マウスの右ボタンでDeleteを選択します。

    Animation GIF Builder

    各コマの画像はSaveImageを選択すると、Bitmapなどの画像ファイルに保存することもできます。

    順番の入れ替えもマウスのドラッグ&ドロップ動作で可能です。

    ●キャプチャウィンドウ

    画面中の画像キャプチャ範囲を指定します。

    ウィンドウをクリックして、選択された状態で、矢印キー(上、下、左、右)を押すと、ウィンドウ全体が移動します。

    さらにCtrlキーもしくはShiftキーを押しながら矢印キーを押すと、ウィンドウの幅、高さが変わります。

    キャプチャウィンドウ内でキャプチャされた各コマの画像はイメージリストに追加されます。

    ツールバー

    Animation GIF Builder

    ■New

    イメージリスト内の画像をすべて削除します。

    イメージリスト内に何も無い状態の時のみ、キャプチャウィンドウの幅、高さのリサイズが可能となります。

    ■File Open

    複数の画像ファイル(*.bmp、*.jpg、*.png)からアニメーションGIFにする画像を登録します。

    ボタンを押して表示されたダイアログボックスでは、複数の画像ファイルを選択することが可能です。

    ※画像サイズはすべて同じサイズのものを使用してください。

    ■Save

    イメージリストに登録されている各画像をもとにアニメーションGIFファイルを作成します。

    ■Setting

    各種設定を行うウィンドウを表示します。

    Animation GIF Builder

    • Interval time
      アニメーションGIFの各コマ間の時間をmSec単位で指定します。
      動画で画面をキャプチャするときも、この時間間隔でキャプチャします。
    • Wait time
      繰り返し再生時の次の再生までの待ち時間をmSec単位で指定します。
    • Repeat
      繰り返し再生を行う場合はチェックを入れます。
    • Capture Icon
      マウスアイコンも含めてキャプチャする場合はチェックを入れます。
    • Quality
      画質を設定します。
      初期値で10ですが、値を小さく(バーを左側にする)すると、画質は良くなりますが、保存処理が重くなります。逆に値を大きくすると画質は悪くなりますが、保存処理が軽くなります。
      初期値の10を推奨
    • Resize
      アニメーションGIFに出力するサイズを変更する場合はチェックを入れます。
    • Width
      Resizeにチェックが入っているとき、Widhtの値に合わせて画像の高さも調整します。
    • Height
      Resizeにチェックが入っているとき、Heightの値に合わせて画像の幅も調整します。

    ■Play

    アニメーションGIFのプレビューを行います。

    ■Stop

    プレビュー再生、もしくは動画録画を停止します。

    ■Rec

    キャプチャウィンドウ内の画像を定期的にキャプチャします。

    キャプチャ間隔の時間は設定ウィンドウのInteval timeで設定します。

    キャプチャの停止は、もう一度Recボタンをクリックするか、Stopボタンをクリックします。

    Ctrl+Rキーを押しても操作できます。

    ■Snap

    ボタンを押すたびにキャプチャウィンドウ内の画像を1コマ分キャプチャします。

    Ctrl+Sキーを押しても操作できます。

    アプリケーションへ戻る