【.NET】GraphicsBoxコントロール

.NET(VB.NET、C#)に対応した画像や線などの描画向けにPictureBoxコントロールを継承した
GraphicsBoxなるコントロールを作成しました。

 

このGraphicsBoxはPictureBoxを使っていて足りないな~と思う、

 

  • 再描画してくれるGraphicsオブジェクト
  • MouseWheelイベント
  • PensやColorsのようなFontのクラス

 

をそれぞれ、

 

  • Graphicsプロパティ
    コントロールがリサイズされるたびに、Graphicオブジェクトを再確保し、プロパティで取得できます。
  • MouseWheeledイベント
    GraphicsBoxにフォーカスがある時(Focus()をした後)、マウスホイールを上下に回転させたときにMouseWheeledイベントが発生します。
  • Fontsプロパティ
    フォームのデザイナ上のプロパティのFontsでGraphicsBoxへFontを指定します。
    このFontを使用する場合は、 graphicsbox1.Fonts などとすると、Fontsプロパティで取得できます。

 

としてPictureBoxに追加しました。

 

対象のフレームワークを.NET Framework2.0としました。

 

で、このGraphicsBoxコントロールは

 

GraphicsBoxSample_Ver110.zip

 

よりダウンロードできます。

 

このコントロールの実態は上記ファイルを解凍したフォルダ内の

 

ImagingSolution.Control.GraphicsBox.dll

 

となります。

 

使い方はVisual Studioを起動し、ツールボックス上で右ボタンアイテムの選択参照ボタンをクリック→ImagingSolution.Control.GraphicsBox.dllを選択

 

すると、ツールボックスにGraphicsBoxのアイコンが表示されるので、あとはPictureBoxと同様に使用できます。

 

GraphicsBoxSample_Ver110.zipをダウンロードするとVisual Studio 2010 Express EditionのVB.NET、C#のサンプルもつけているので、お試し下さい。

 

サンプルプログラムを実行し、ウィンドウ内をクリックした後、マウスホイールを上下させると下図のように線と文字がホイールの回転に合わせて上下しながら表示されます。

 

GraphicsBox

 

バージョン 更新日 ファイル 更新内容
Ver.1.1.0 2013.9.16 GraphicsBoxSample_Ver110.zip ●名前空間をImagingSolution.GraphicsBoxからImagingSolution.Control.GraphicsBoxへ変更

●GraphicsオブジェクトをBufferedGraphicsへ変更し描画の高速化

Ver.1.0.2 2011.5.7 GraphicsBoxSample_Ver102.zip MouseWheeledイベントを実装していないときのエラーを修正
Ver.1.0.1 2011.4.20 GraphicsBoxSample_Ver101.zip Focus()をコントロール内のイベントへ移動
名前空間名の修正
ユーザーコントロールのアイコンを指定
Ver.1.0.0 2011.4.20 GraphicsBoxSample.zip 初版


web拍手 by FC2

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー: フリーウェア  タグ: , , . Bookmark the permalink.

【.NET】GraphicsBoxコントロール への2件のフィードバック

  1. ろひもと のコメント:

    GraphicsBox 試してみました。
    文字の描画等、PictureBoxに対して行うより格段に便利になっています。
    しかし、描画更新を行うと、既存の描画内容を全て消してしまうのが残念です。

    OpenGLでGraphicsBoxへポリゴンを描画した後、同一画面へ文字を上書きで描画したかったのですが
    全て書き直されるのが残念です。(OpenGLでスクリーン座標の変換を行うのが面倒だったので使ってみました)
    描画モードのようなものがあると、とても助かるのですが・・・

    • akira のコメント:

      お返事が遅くなり、大変申し訳ありません。
      そして、評価頂きありがとうございます。
      ポリゴンを描画後に文字を上書きできないとの事ですが、ポリゴンの描画をどのようにしているか?分かりませんが、描画更新(Refresh()もしくはInvalidate())のタイミングを見直す事で、上書きでできないでしょうか?
      おそらく、現在、
      ポリゴンの描画→Refresh()→文字の描画→Refresh()
      のようになっていると思いますが、
      ポリゴンの描画→文字の描画→Refresh()
      とすればできると思います。
      もしくは、そういう事ではなくて、既存の描画内容を徐々に上書き更新していきたいのであれば、Bitmapクラスで描画内容を保持し、その内容に上書きしていき、最後のそのBitmapを描画するという方法もあると思いますが、ちょっと簡単に説明するのが難しいので、ペイントソフトのようなサンプルは.NETであれば、参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です