【.NET】GraphicsBoxコントロール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • .NET(VB.NET、C#)に対応した画像や線などの描画向けにPictureBoxコントロールを継承した
    GraphicsBoxなるコントロールを作成しました。

    このGraphicsBoxはPictureBoxを使っていて足りないな~と思う、

    • 再描画してくれるGraphicsオブジェクト
    • MouseWheelイベント
    • PensやColorsのようなFontのクラス

    をそれぞれ、

    • Graphicsプロパティ
      コントロールがリサイズされるたびに、Graphicオブジェクトを再確保し、プロパティで取得できます。
    • MouseWheeledイベント
      GraphicsBoxにフォーカスがある時(Focus()をした後)、マウスホイールを上下に回転させたときにMouseWheeledイベントが発生します。
    • Fontsプロパティ
      フォームのデザイナ上のプロパティのFontsでGraphicsBoxへFontを指定します。
      このFontを使用する場合は、 graphicsbox1.Fonts などとすると、Fontsプロパティで取得できます。

    としてPictureBoxに追加しました。

    対象のフレームワークを.NET Framework2.0としました。

    で、このGraphicsBoxコントロールは

    GraphicsBoxSample_Ver110.zip

    よりダウンロードできます。

    このコントロールの実態は上記ファイルを解凍したフォルダ内の

    ImagingSolution.Control.GraphicsBox.dll

    となります。

    使い方はVisual Studioを起動し、ツールボックス上で右ボタンアイテムの選択参照ボタンをクリック→ImagingSolution.Control.GraphicsBox.dllを選択

    すると、ツールボックスにGraphicsBoxのアイコンが表示されるので、あとはPictureBoxと同様に使用できます。

    GraphicsBoxSample_Ver110.zipをダウンロードするとVisual Studio 2010 Express EditionのVB.NET、C#のサンプルもつけているので、お試し下さい。

    サンプルプログラムを実行し、ウィンドウ内をクリックした後、マウスホイールを上下させると下図のように線と文字がホイールの回転に合わせて上下しながら表示されます。

    GraphicsBox

    バージョン 更新日 ファイル 更新内容
    Ver.1.1.0 2013.9.16 GraphicsBoxSample_Ver110.zip ●名前空間をImagingSolution.GraphicsBoxからImagingSolution.Control.GraphicsBoxへ変更

    ●GraphicsオブジェクトをBufferedGraphicsへ変更し描画の高速化

    Ver.1.0.2 2011.5.7 GraphicsBoxSample_Ver102.zip MouseWheeledイベントを実装していないときのエラーを修正
    Ver.1.0.1 2011.4.20 GraphicsBoxSample_Ver101.zip Focus()をコントロール内のイベントへ移動
    名前空間名の修正
    ユーザーコントロールのアイコンを指定
    Ver.1.0.0 2011.4.20 GraphicsBoxSample.zip 初版

    コメント

    1. ろひもと より:

      GraphicsBox 試してみました。
      文字の描画等、PictureBoxに対して行うより格段に便利になっています。
      しかし、描画更新を行うと、既存の描画内容を全て消してしまうのが残念です。

      OpenGLでGraphicsBoxへポリゴンを描画した後、同一画面へ文字を上書きで描画したかったのですが
      全て書き直されるのが残念です。(OpenGLでスクリーン座標の変換を行うのが面倒だったので使ってみました)
      描画モードのようなものがあると、とても助かるのですが・・・

      • akira より:

        お返事が遅くなり、大変申し訳ありません。
        そして、評価頂きありがとうございます。
        ポリゴンを描画後に文字を上書きできないとの事ですが、ポリゴンの描画をどのようにしているか?分かりませんが、描画更新(Refresh()もしくはInvalidate())のタイミングを見直す事で、上書きでできないでしょうか?
        おそらく、現在、
        ポリゴンの描画→Refresh()→文字の描画→Refresh()
        のようになっていると思いますが、
        ポリゴンの描画→文字の描画→Refresh()
        とすればできると思います。
        もしくは、そういう事ではなくて、既存の描画内容を徐々に上書き更新していきたいのであれば、Bitmapクラスで描画内容を保持し、その内容に上書きしていき、最後のそのBitmapを描画するという方法もあると思いますが、ちょっと簡単に説明するのが難しいので、ペイントソフトのようなサンプルは.NETであれば、参考になると思います。