最近の記事
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ

  • 【C++/CLI】マウスイベント処理

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    マウスイベント(マウスをクリック、ダブルクリックなど)の処理を追加するには、イベント処理を行うオブジェクト(ピクチャボックスやボタンなど)を選択した状態でイベントのプロパティウィンドウを表示し、イベント処理の文字の部分をダブルクリックします。

    マウスイベント処理

    すると、イベントハンドラが自動的に作成されます。
    下記の例はMouseClickを追加した場合

    
    this->pictureBox1->MouseClick += gcnew System::Windows::Forms::MouseEventHandler(this, &Form1::pictureBox1_MouseClick);
    
    :
    :
    
    private: System::Void pictureBox1_MouseClick(System::Object^  sender, System::Windows::Forms::MouseEventArgs^  e) {
    
            //この位置にイベント処理を追加する。
    
    }
    
    

    このイベントハンドラ内にイベント処理を追加していきます。

    ここで注意しないといけないのが、pictureBox1_MouseClickという名前になっていますが、必ずしもpicutureBox1からのイベントとは限りません。
    どのオブジェクトかは、最初の引数の System::Object^ sender を参照します。
    sender のプロパティはそのまま参照できないので、下記のようにキャストします。

    PictureBox^ pic = static_cast<PictureBox^>(sender);

    また、マウスのどのボタンがクリックされ、どの位置でクリックされたか?などは2番目の引数の
    System::Windows::Forms::MouseEventArgs^ e を参照します。

    ボタンの判別例は以下の通りです。

    if (e->Button == System::Windows::Forms::MouseButtons::Left){
          //左ボタンクリック
          MessageBox::Show("左ボタンがクリックされました。");
    }else if (e->Button == System::Windows::Forms::MouseButtons::Right){
          //右ボタンクリック
          MessageBox::Show("右ボタンがクリックされました。");
    }else if (e->Button == System::Windows::Forms::MouseButtons::Middle){
          //中ボタンクリック
          MessageBox::Show("中ボタンがクリックされました。");
    }
    
    

    クリックされた位置のX座標は e->X、Y座標は e->Y で取得できます。

    また、マウスをクリックした時にShiftキー、Ctrlキー、Altキー、が押されているかどうかを判別するにはControl::ModifierKeysプロパティを参照すれば良いのですが、厳密にはマウスがクリックされたときのキーを取得するのはなく、Control::ModifierKeysプロパティが呼ばれた時のキーを取得するので、ご注意下さい。

    //Shift,Ctrl,Altキーが押されているか?
    Keys key = Control::ModifierKeys;
    
    if ((key & Keys::Control) == Keys::Control){
          //Controlボタンクリック
          MessageBox::Show("Controlボタンがクリックされました。");
    }else if ((key & Keys::Shift) == Keys::Shift){
          //Shiftボタンクリック
          MessageBox::Show("Shiftボタンがクリックされました。");
    }else if ((key & Keys::Alt) == Keys::Alt){
          //Altボタンクリック
          MessageBox::Show("Altボタンがクリックされました。");
    }
    
    

    マウスイベントには以下のようなものがあります。

    イベント 意味
    Click クリックされたとき
    DoubleClick ダブルクリックされたとき
    MouseCaptureChanged マウスのキャプチャがなくなるとき(意味不明???)
    MouseClick マウスでクリックされたとき
    MouseDoubleClick マウスでダブルクリックされたとき
    MouseDown マウスボタンが押されたとき
    MouseEnter マウスポインタがコントロールの外側から内側に入ったとき
    MouseHover マウスポインタがコントロール上に留まっているとき
    MouseLeave マウスポインタがコントロールの内側から外側に出たとき
    MouseMove マウスポインタがコントロール上を移動したとき
    MouseUp マウスボタンが離されたとき
    MouseWheel コントロールにフォーカスがあり、マウスホイールが動いたとき

    ClickイベントとMouseClickイベント、DoubleClickイベントとMouseDoubleClickイベントとは、ほぼ同じですが、2番目の引数が EventArgs^  e か MouseEventArgs^  e の違いがあります。
    マウスの情報をより詳しく取得したい場合は Mouse××イベントをお使い下さい。

    また、イベントの発生順番は

    1. MouseDown
    2. Click
    3. MouseClick
    4. MouseUp
    5. MouseDown
    6. DoubleClick
    7. MouseDoubleClick
    8. MouseUp

    となります。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク