【参考書籍】KINECT for Windows SDK プログラミング C#編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 2012年2月の初旬に公開されたKinect for WindowsのSDKですが、もうすでにこのSDKの書籍が発刊されました。

    著者はKinect + OpenNIの本(KINECTセンサープログラミング)を書いた中村薫さんほか。

    仕事が早い!!!

    KINECT for Windows SDKプログラミングC#編

    • 著者/訳者:中村 薫 宮城 英人 田中 和希
    • 出版社:秀和システム( 2012-03-28 )
    • 単行本:325 ページ
    • ISBN-10 : 479803326X
    • ISBN-13 : 9784798033266

    Kinect for Windos SDKにはC++とC#のサンプルがあるのですが、今回はそのC#版について。

    C#版のSDKは良く出来ていて、カラー画像、深度データ、スケルトンがそれぞれイベントで取得できるので、非常に簡単にデータが取得できます。

    この本ではKinectの概要からインストール方法、応用へと、この一冊でほぼ網羅されているのではないでしょうか?

    サンプルプログラムもVisual C# 2010 Express版で公開されているので、役にたつと思います。

    どこでもタッチスクリーンというサンプルも面白そう。

    ただ、WPFをやった事の無い私にとって、その部分がちょっと引っかかるのですが、ソースを見た限りだと、そんなにも難しくないかも?

    と思っていたら、ちゃんとWPFを使わないFormを使った説明もありました。

    このFormを使った方法については、私も以前、作った事があるので、下記のページ

    Kinect for Windows SDK C#サンプルプログラム

    も参考にして頂けると幸いです。

    (深度データをBitmapへ渡す部分が本のサンプルとちょっと違います。)

    また、OpenCVやOpenGLを使った例が載っていますが、それぞれ.NETのラッパーライブラリを使ったものなので、少しは簡単?だと思われます。(まだ未評価なもので。)

    目次

    1.導入

    1.1 Kinectの概要
    1.2 ライセンス
    1.3 セットアップ
    1.4 プロジェクトの作成

    2.基本機能

    2.1 Kinect for Windowsの概要
    2.2 RGBカメラ
    2.3 距離カメラ
    2.4 プレイヤーの認識
    2.5 スケルトンの認識
    2.6 WindowsFormsを利用した実装
    2.7 音声の取得
    2.8 延元後方の取得
    2.9 チルトモーター
    2.10 Kinectの挿抜検出
    2.11 ここまでの全プログラム

    3.応用編

    3.1 OpenCVを利用した顔認識
    3.2 身長を測る
    3.3 どこでもタッチスクリーン
    3.4 背景マスク
    3.5 光学迷彩
    3.6 ポーズを認識する
    3.7 ロボットを操作する
    3.8 Kinectをマウス代わりにする
    3.9 音声を認識する
    3.10 音源方向のプレイヤーを特定する
    3.11 OpenGLを利用した点群の表示

    4.便利なライブラリ

    4.1 Coding4Fun Kiect Toolkit
    4.2 Kinect Toolbox

    5.APIリファレンス

    5.1 Kinect制御関連APIリファレンス
    5.2 RGBカメラ関連APIリファレンス
    5.3 距離カメラ関連APIリファレンス
    5.4 骨格関連APIリファレンス
    5.5 音声関連APIリファレンス

    6.ユーザビリティ

    6.1 ユーザビリティとは
    6.2 良いデザイン
    6.3 NUI(ナチュラルユーザーインターフェース)
    6.4 Kinectを利用したインターフェース
    6.5 最後に

    補遺
    A StreamingWavePlayer
    B SendInput

    KINECT for Windows SDKプログラミングC#編

    • 著者/訳者:中村 薫 宮城 英人 田中 和希
    • 出版社:秀和システム( 2012-03-28 )
    • 単行本:325 ページ
    • ISBN-10 : 479803326X
    • ISBN-13 : 9784798033266

    マイクロソフト 【商業用】Kinect for Windows センサー L6M-00005

    • 発売日:2012-02-01
    • カテゴリ:Personal Computers