Kinect for Windowsとfor XBOX360の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • KinectをWindows PCで使うのが正式に許されたKinect for Windowsですが、目玉は

    ●商用利用が可能

    ●Nearモードの対応

    ですが、実際に使ってみた比較をまとめてみたいと思います。

    仕様についての比較はUnaNancyOwenさんのまとめ?ブログが詳しいので、そちらを参照下さい。

    まず、Kinect for Windowsの特徴Nearモードですが、センサーから40cmまでプレーヤーを認識してくれるというモードで、このよう↓にモニタの上に配置して比較してみました。

    Kinect for Windows VS XBOX360

    この配置で机に座ると、センサから顔までの距離が約40cmm

    最初はNearモードは近い距離でも測定できるように広角撮影をしてくれるのか?と思っていましたが、見え方はDefaultモードでも同じで、測定可能範囲がNearモードで、400~3000mm、Defaultモードで800~4000mmになります。
    (別のドライバを使っていた時は400mm~でDepthデータは拾えていたので、XBOX360そのものは400mmからの測定能力を持っていると思うのだが...)

    ただし、プレーヤーを認識するまでには、一度、約120cmぐらい離れないと認識してくれません。

    また、通常のモードではプレーヤーのスケルトン(関節の位置)も認識してくれますが、Nearモードではユーザーの中心(おそらくプレーヤー領域の重心)のみ1点の認識となります。

    これについては次期SDKのバージョン1.5で改善されるようです。

    (参考)

    http://blogs.msdn.com/b/kinectforwindows/archive/2012/03/26/what-s-ahead-a-sneak-peek.aspx

    深度データそのものに関してはNearモードもDefaultモードも変わらず、表示方法が変わるだけのようです。

    実際に撮影した様子はこちら↓

    ■Kinect for Windowsで撮影(Nearモードで撮影しています。)

    Kinect for Windows VS XBOX360

    Kinect for XBOX360で撮影

    Kinect for Windows VS XBOX360

    まず、気になるのがカラー画像の画質の違い。

    Kinect for Windowsでは全体的に霧がかかったようで、少し暗くてボケた感じ。

    Kinect for XBOX360の方がキレイな感じがします。

    そこで、Kinect本体をよーく見てみると、カラーカメラそのものが別物でした。

    Kinect for Windowsカメラ Kinect for XBOX360カメラ
    Kinect for Windows VS XBOX360 Kinect for Windows VS XBOX360

    Kinect for Windowsにはピンホールカメラっぽい物が付いています。

    また、細かい部分ですが、Kinect for Windowsでは台座を左右に回す事が出来ます。(マニュアルで)

    Kinect for Windows VS XBOX360

    と言う事で、Kinectが商用利用できるという事はインパクトが大きいのですが、今のところは無理してKinect for Windowsを買う必要は無かったかも?

    次のバージョンのSDKでどれだけ関節の位置を認識してくれるか?によって、使い方も広がっていくと思われます。

    ※注意点(私がハマった事)
    Kinect for Windowsセンサーの箱の底にも書いてありますが、センサをPCに接続する時はUSB2.0のバスを占有するように接続して下さい。
    例えば、DualでKinectを接続したい場合やUSBカメラと同時に接続したい場合など、近い場所のUSBポートに接続すると何かしらのデバイスが認識しなくなる場合があります。
    その場合はUSBポートを遠い場所(全面と背面とか)やUSBコネクタを抜差ししてみるなど、してみて下さい。

    ちなみに、今回はモニタの上にそ~っとKinectを置いてみましたが、専用のマウントホルダーなる物も販売されていました。

    後日、マウントホルダーを購入しました。

    Kinect_for_Windows_VS_XBOX360

    これを使うと机周りもスッキリしてオススメです!