Kinect SDK + OpenCV2.2 サンプルプログラム作成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 昨日公開されたKinect SDKですが、データをOpenCVに接続するサンプルを勉強がてら作ってみました。

    やった事はKienct SDKのサンプルプログラム(SkeletalViewer)をベースに、画像表示部分のデータポインタをOpenCVのIplImageにコピーしています。

    とりあえずこんな感じ↓

    Kinect SDK + OpenCV2.2

    あ~~ 部屋が狭い、汚い、ボロイ。

    もともとのサンプルでは、Playerの部分はDepthデータに合わせてカラーで表示しているのですが、この部分は別ウィンドウに分けました。

    ご興味があればサンプルプログラムはこちら↓よりダウンロードできます。

    KinectSDK_OpenCV22.zip

    上記ファイルをダウンロード、解凍し、解凍したフォルダ(OpenCV)をKinectSDKのサンプルフォルダ

    C:\Users\Public\Documents\Microsoft Research KinectSDK Samples\NUI\SkeletalViewer

    に入れて下さい。(インクルードディレクトリ設定の都合上)

    プログラムの終了は Skeletal Viewer のウィンドウの×ボタンで。

    動作環境は

    • Kinect SDKが動作する事。
    • OpenCV2.2がインストールされている事。

    です。

    もう少しサンプルをスッキリさせたい気もしますが、もうすぐしたら、OpenCV2.3が公開されるでしょうから、ちょっと様子見で...


    (2011.06.21追記)
    と思ったら、kaorun55さんが、シンプルなソースコードを公開していました。
    Kinect for Windows SDK beta で遊んでみた・その2(C++でOpenCV対応、OpenNIっぽく)
    さすがですね。


    ソースコードを見ていて気になったのが、深度データは16bitのバッファに格納されているのですが、16bit中の上位13bitが実際の深度データで、下位3bitにPlayerの番号が各画素ごとに割り振られていました。

    また、深度データの解像度(320×240)を変えようと思ったのですが、出来ないのか???

    (2011.06.21追記)

    80×60にはできるらしい。ってデカくはできない!

    コメント

    1. 3D より:

      いつもサイト拝見させていただいてます。参考にしてます。
      kinectでの3D形状取得の情報があまりネットになくて困っているのですが、それに関してのエントリを書いていただけると助かります!!

      • akira より:

        コメント頂きありがとうございます。
        『Kinectでの3D形状取得の情報』というのは具体的にはどのような事を期待されていますか?
        例えば、このページ
        http://imagingsolution.blog107.fc2.com/blog-entry-273.html
        にあるような、深度データから立体に表示する方法なのか?
        それとも3Dデータをつなぎ合わせたい!とかでしょうか?
        上記ページに示しているのは、深度データを11bitで取得し、OpenGLで表示しています。
        OpenGLはそれなりに大変なので、簡単に記事にまとめるのは難しいのですが、ネタの候補にはしたいとは思っています。