Kinect参考書籍、KINECTセンサープログラミング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • 世界初と言われる、Kinectの参考書籍が発売されます。(5月24日発売予定)

    この本の対象者はプログラム中級者としているようにKinectのプログラムは最低限のC言語、C++の知識が必要となります。

    私も勢いでKinectを買ってみたものの、動作が拾えるまではいいのですが、その先、何をするか?が一番の問題。

    目次

    OpenNIおよびSensorモジュールのライセンス
    OpenCVのライセンス
    1. Kinect入門

    1.1. KinectとOpenNI

    1.1.1. Kinectの概要
    1.1.2. OpenNIの概要
    1.1.3. Kinectプログラミングにあたって

    2. OpenNIプログラミング環境の作成

    2.1. OpenNI開発環境の作成

    2.1.1 本書の開発環境
    2.1.2. Windows C++
    2.1.3. Windows C#
    2.1.4. Linux(Ubuntu)
    2.1.5. Mac OS
    2.1.6. 開発環境作成における注意点

    3. OpenNI入門

    3.1. OpenNIの構成

    3.1.1. OpenNIライブラリのクラス概要
    3.1.2. Generator
    3.1.3. MetaData
    3.1.4. Capability

    3.2. OpenNIプログラミング

    3.2.1. Kinectの初期化や情報取得をする
    3.2.2. カメラ画像を表示する
    3.2.3. 距離を測定する
    3.2.4. デプス(深度)マップを作成する
    3.2.5. ビューポイントの設定
    3.2.6. ミラー処理
    3.2.7. ユーザーの検出をする
    3.2.8. ユーザーのスケルトンを作成する
    3.2.9. ジェスチャーを検出する
    3.2.10. 手の動きをトラッキングする
    3.2.11. Kinectから取得したデータを記録する
    3.2.12. 記録したデータを再生する

    4. NITE入門

    4.1. NITEの構成

    4.1.1. NITEライブラリのクラス
    4.1.2. Session
    4.1.3. Detector

    4.2. NITEプログラミング

    4.2.1. セッションの開始と停止
    4.2.2. 腕の前後動作(プッシュ)を検出する
    4.2.3. 腕の左右動作(ウェーブ)を検出する
    4.2.4. 腕の円運動を検出する
    4.2.5. 腕の上下左右運動(スワイプ)を検出する
    4.2.6. 動作の停止を検出する
    4.2.7. マルチプロセスに対応する(サーバ)
    4.2.8. マルチプロセスに対応する(クライアント)

    5. 応用編

    5.1. 光学迷彩
    5.2. 背景のマスク
    5.3. ポーズの検出
    5.4. 物体検出
    5.5. 複数のKinectを操作する
    5.6. KinectでPowerPointの操作

    6. 補遺

    6.1. 開発環境の作成

    6.1.1. Windows
    6.1.2. Linux
    6.1.3. Mac OS

    ちなみに、KinectをPCに接続する場合は、Kinectセンサー単品で購入しないとUSBの接続ケーブルが付いてこないそうなので、ご注意下さい。

    Xbox 360 Kinect センサー

    • 発売日:2010-11-20
    • カテゴリ:Video Game
    • 定価:¥ 15,223

    コメント

    1. […] 著者はKinect + OpenNIの本(KINECTセンサープログラミング)を書いた中村薫さんほか。 […]