2022-09

OpenCV

【OpenCV-Python】ラベリング(connectedComponents)

ラベリングとは、二値化された画像において、画素がつながっている領域に対して同じ番号(ラベル)を与える処理のことを言います。 このつながっている領域のことをブロブ(blob)といいますが、このブロブに対して、面積や幅、高さなどを求め、キ...
OpenCV

【OpenCV-Python】円近似(疑似逆行列を用いた方法)

OpenCVには座標を楕円で近似する関数(fitEllipse)はあるものの、円で近似するfitCircle()のような関数はありません。 そこで、最小二乗法的に座標を円で近似するfitCircle()関数を作ってみました。 円...
OpenCV

【OpenCV-Python】円形度

円形度とは、図形の面積と周囲長の関係から、円らしさの値を求めます。 円形度の詳細は以下のページを参照ください。 OpenCV的には、図形の面積はcontourArea()関数で、周囲長はarcLength()関数...
OpenCV

【OpenCV-Python】輪郭の周囲長(arcLength)

findContours()関数などで取得した輪郭の座標から輪郭の長さを求めるにはarcLength()関数を用います。 構文 arcLength(curve, closed) ->retval curve ...
OpenCV

【OpenCV-Python】輪郭(contour)の矩形領域の取得

OpenCVのfindContours関数などで得られた点の座標から、点を囲う矩形領域(四角形の領域)を取得するにはboundingRect関数を用います。 さらに、傾きを考慮した矩形領域を取得するにはminAreaRect関数を用い...
OpenCV

【OpenCV-Python】輪郭(contour)の面積(contourArea)

OpenCVで二値化された領域の輪郭座標は、findContours関数を使えば取得することができます。 このときの戻り値である輪郭情報(contours)をcontourArea関数へ渡し面積を求めます。 ただし、求まる面積は...
タイトルとURLをコピーしました