ImageData Class

ImageData Class

【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存

画像処理をしていると、画像の輝度値をCSVファイルに保存したいという要望はよくあります。 C#で画像の輝度値にアクセスしやすいようにしたImageDataクラスを作成しました。 (Pythonで画像の輝度値をCSVファイルに保存...
ImageData Class

【ImageDataクラス】Regionプロパティ

画像処理プログラムでは、画像の一部分のみを処理するROI(Region of Interest)という機能がよくあります。 このROIを使うことで、必要な部分のみを処理したり、異なる2つの画像において、同じ領域を処理するために、このR...
ImageData Class

【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定

BorderTypeプロパティ、InterpolationModeプロパティのページでも少し紹介していますが、画像の輝度値を取得/設定するには var img = new ImagingSolution.Imaging.ImageDa...
ImageData Class

【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ

BorderTypeプロパティではインデクサをつかって var img = new ImagingSolution.Imaging.ImageData("image.bmp"); var bright = img; のように配...
ImageData Class

【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ

ImageDataクラスでは、C#のインデクサという機能を使って、new したImageDataクラスをオブジェクトをあたかも配列かのように扱うことができます。 インデクサの例 var img = new Imaging...
ImageData Class

【ImageDataクラス】サンプルプログラム

ImageDataクラスライブラリ公開のページにて公開しているサンプルプログラムについて簡単に説明しておきます。 このサンプルプログラムの開発環境は Visual Studio 2015 C# .NET Frame...
ImageData Class

ImageDataクラスライブラリの使用方法

ImageDataクラスライブラリは、知っている人向けにはライブラリ(サンプルプログラム)のダウンロードページよりファイルをダウンロードし、zipファイルを解凍したImageDataSampleフォルダ内にあるImagingSolution...
C#

【C#】ImageDataクラスライブラリ公開

画像処理プログラムの基本は画像の輝度値(画素値)を取得して、様々な処理をすることとなりますが、C#では輝度値を取得するメソッドにSetPixel/GetPixelのメソッドが用意されていますが、これは処理が遅いことで有名。 そ...
ImageData Class

ImageDataクラスライブラリ

画像データの取得/設定をできるだけ簡単にできることを目指したImageDataクラスライブラリに関する情報です。 ImageDataクラスライブラリを公開(ダウンロードページ) ImageDataクラスライブラリの使用方...
タイトルとURLをコピーしました