【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替

スポンサーリンク

ソニーのNeural Network ConsoleでCPUとGPUの処理を切り替えるのは至って簡単。

あらかじめCUDAはインストールされている必要がありますが、Neural Network Consoleの右上の設定ボタンをクリックします。

Neural Network Console Set CPU GPU

次に表示された画面の ENGINEタブを選択し、CPU もしくは GPU を選択すれば、それだけで切り替わります。

Neural Network Console Set CPU GPU

GPUにエラーが出なければ(train_errorやvalid_errorは別)、設定が出来ているとのことですが、あまりに実感がないので、サンプルプロジェクトの学習時間の比較を行いました。

プロジェクト CPU処理 GPU処理
01_logostic_regression 3秒 6秒
02_binary_cnn 50秒 7秒
LeNet 4分52秒 31秒

※CPU:i7-7700K(4.2GHz)、GPU:GeForce GTX1080

やっぱりGPUは早い!

今回は、学習時間が待てるレベルの物を選んで比較しましが、ニューラルネットワークによっては、CPU処理では数時間かかりそうなものもあるので、効果は大きそうです。

関連記事

CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
最近はDeep Learningの処理をやろうとすると、ほぼGPUのボードは必須の様なので、比較的最近PCを新調したのですが、私のPCの環境...

Deep Learningへ戻る

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連記事

関連記事