C++/CLI

【C++/CLI】数値の書式(フォーマット)指定文字列

スポンサーリンク

数値の表示桁数などの設定にはFormatメソッドかToStringメソッドなどで可能ですが、ここではToStringメソッドによる設定方法を紹介します。

 

【コード例】
int Val = 123;
String^ Txt = Val.ToString(“D5”);

 

とすると
Txt = “00123”
となります。

 

以下、主なフォーマットの設定例です。

 

標準書式指定文字列

書式書式設定文字列データ型出力
10進数DInt32123123
10進数(桁数設定)D5Int3212300123
固定小数点FDouble123.456123.46
固定小数点(桁数設定)F6Double123.456123.456000
パーセントPDouble0.1234512.35%
パーセント(桁数設定)P3Double0.12345612.346%
16進数(小文字)xInt321234561e240
16進数(大文字)XInt321234561E240
通貨CDouble1234567\1,234,567
数字NDouble123456123,456.00
数字(桁数設定)N1Double12345678123,456.8

詳細は下記ページを参照願います。

Download Visual Studio 2005 Retired documentation from Official Microsoft Download Center
PDF files that contain the Visual Studio 2005 documentation.

 

カスタム数値書式指定文字列

書式書式設定文字列データ型出力
ゼロプレースホルダ00000Double12300123
000.000Double12.3456012.346
000.000Double123.45123.450
桁プレースホルダ#####Double123123
#.#Double1.21.2
#.#Double11
#.#Double123.456123.5
#,#Double123456789123,456,789
(00)####-####Double312345678(03)1234-5678
正、負、0別表示+#;-#;±0Double123+123
+#;-#;±0Double-123-123
+#;-#;±0Double0±0
#;(#)Double123123
#;(#)Double-123(123)

詳細は下記ページを参照願います

Download Visual Studio 2005 Retired documentation from Official Microsoft Download Center
PDF files that contain the Visual Studio 2005 documentation.

 

【右寄せ】
int Val = 123;
String^ Txt = Val.ToString()->PadLeft(5);
とすると
Txt = ”  123″
となります。

 

【左寄せ】
int Val = 123;
String^ Txt = Val.ToString()->PadRight(5);
とすると
Txt = “123  ”
となります。

 

右寄せ/左寄せは、少し紛らわしいですが、左側を穴埋めして右寄せ(PadLeft)、右側を穴埋めして左寄せ(PadRight)となります。
カッコ内の数値が文字数になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました