ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)

  • GUIベースでお手軽にAIのアルゴリズムが構築でいるというソフト【Neural Network Console】がソニーより無償で公開されました。

    私は、まだDeep Learningを勉強し始めたばかりなのですが、簡単だという触れ込みなのでまずは試してみました。

    動作環境は

      ・Windows 8.1 / 10 64bit

    正式には書かれていませんが、Windows7 64bitでも動作してくれました。

      ・Visual Studio 2015 C++ 再頒布可能パッケージ

    GPUは無くても動作します。(あれば対応させる事も可能)

    また、モニタはFull HDサイズぐらいないと厳しいかと思います。

    Neural Network Consoleの入手方法は、こちらのページ↓

    https://dl.sony.com/ja/

    Neural Network Console

    より、Windowsアプリではじめる をクリックします。

    すると、ページが下の方へ移動するので、メールアドレスを入力し、上記に同意して送信をクリックします。

    Neural Network Console

    しばらくすると、画面が切り替わるので、送られてきたメールを確認します。

    Neural Network Console

    メールには、こんな感じ↓のメールが送られてくるので、Download the Windows Appをクリックして、ファイル(neural_network_console_100.zip、約1GB)をダウンロードします。

    Neural Network Console

    メールにも書かれていますが、プログラムを動作さえるにはVisual Studio 2015 C++ 再頒布可能パッケージが必要になります。

    https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=52685

    これは、すでにVisual Studio 2015でC++をインストールしてあれば、インストールされているかと思います。

    私の場合、Visual Studio 2015→Visual Studio 2017の順でインストールしたところ、Visual Studio 2015 C++ 再頒布可能パッケージ(Visual Studio C++ 2015 Redistributable)はWindowsの設定→アプリと機能で確認しても見つからない状態でしたが、動作してくれました。

    次にダウンロードしたzipファイルを解凍します。(解凍後は約2GBになります)

    プログラムにインストールそのものは、特に操作する必要が無いのですが、解凍したフォルダを2バイト文字が含まれていない(全角の日本が無い)フォルダに配置する必要があります。

    また、Program Filesのような書き込み不可のフォルダでもダメとのこと。

    解凍したフォルダ内に実行ファイル(neural_network_console.exe)があるので、これをダブルクリックして実行します。

    プログラム起動後に、Visual Studio C++ 2015 Redistributableが入っているか?聞かれるの、入っていいれば、そのままOK、入っていなければ、別途、Visual Studio C++ 2015 Redistributableをインストールしてください。

    Neural Network Console

    次にライセンス条項が表示されるので、内容を確認して I Agree を選択し、Applyボタンをクリックします。

    Neural Network Console

    すると、このような画面↓が表示されるのですが、あらかじめ用意されているプロジェクト(あらかじめ準備されたニューラルネットワークの構造)が表示されるので、とりあえず

    01_logostic_regressin.sdcproj

    をクリックしてみます。

    Neural Network Console

    このプロジェクトは手書き文字の 4 と 9 を見分けるためのもので、MNISTというデータセットから文字の画像を入手し、4か?9か?を学習して、実際に判別させるためのプロジェクトです。

    プロジェクトを起動させると、最初にMNISTから文字の画像データ一式を取得します。

    Neural Network Console

    データの入手が終わると、このような画面になります。

    Neural Network Console

    まだ、詳細まで理解できていませんが、Input(画像の入力)があって、Affine(画像のアフィン変換かと思いきや、重みを掛けてバイアス足す処理の事のよう)を行って、活性化関数にはSigmoid関数を使い、計算結果と出力の値が最小化されるような処理を行っている

    という、シンプルな構成。

    次に右上のTraningの下にある▶ボタンをクリックすると、学習が始まります。

    Neural Network Console

    Evalutionの下にある▶ボタンをクリックすると、学習データを用いて実際に画像を認識させた結果が表示されます。

    Neural Network Console

    ここでは x:image の部分が認識用に使った画像、 y:9 の部分が教え込んだ情報(0だと4の文字、1だと9の文字)、 y’の部分が判定結果になります。

    判定結果は0に近いほど4の文字と認識していて、1に近いほど9の文字と認識しています。

    この結果で認識が怪しい部分(0.5に近い部分)を抜き出してみると、こんな感じ↓

    Neural Network Console Neural Network ConsoleNeural Network Console

    人の目で見ると126番はあきらかに4だし、203も同様に9にしか見えませんが、このサンプルプロジェクト的には上手く判別できていないようです。

    この辺のチューニングが容易に、しかも結果がすぐにわかるのがNeural Network Consoleのプログラムの良いところだと思います。

    しかし、結局はDeep Learningの知識は必要になるので、ゼロから作るDeep Learningの本でも読むか?っていう感じです。

    また、ソニー製なので、日本語のマニュアルがあるのも助かります。

    まずは、解凍したファイル内になったPDFファイル(manual_ja.pdf)に目を通すと良いかと思います。

    参考ページ

    Neural Network Consoleドキュメント(日本語)

    https://blog.dl.sony.com/259/

    Deep Learningへ戻る