国際画像機器展2012/View2012が開催されます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 今年もいよいよ画像機器展の時期がやってまいりました。

    2012年12月5日(水)~7日(金)まで、パシフィコ横浜で国際画像機器展2012(無償)が開催されます。

    画像処理関連の展示会としては夏に開催される画像センシング展と並ぶ大きな展示会です。

    無償ですので、画像処理ので行う検査ソフトやカメラ、照明、レンズ、画像入力ボードなどをご検討の方は是非とも参加されると良いと思います。

    また、何気に画像処理業界への就職を希望されている学生さんにもおススメです。

    画像処理業界は、おそらく学生にとっては無名であっても、実力のある、この業界では有名な会社って、結構たくさんあるものです。

    国際画像機器展2012 

    http://www.adcom-media.co.jp/ite/

    同時にView2012 および 三次元工学シンポジウム という学会発表のようなものも開催されています。

    こちらは有償なのですが、最新の画像処理技術に触れることができると思います。

    View2012の特別講演では、あのハンマー投げで有名な室伏さんが登場!?

    View2012

    http://view.itlab.org/2012/

    三次元工学シンポジウム

    http://www.adcom-media.co.jp/ite/sanjigen/

    さらに同時開催でビジュアルメディアExpo2012(無償)というのも開催されます。

    セミナーなどの内容を見ると、AR、プロジェクションマッピングなどのキーワードがちらほらあって、個人的には魅力的です。

    ビジュアルメディアExpo2012

    http://www.adcom-media.co.jp/vme/

    あと、画像機器展の展示会場の入り口付近?で技術相談コーナーという一角があります。

    私は前回の画像センシング展で初めて相談員として参加したのですが、このコーナーの相談員として参加されている方は私以外、画像処理業界のつわ者揃いでした。

    画像処理でお困りの方は是非、立ち寄られると良いと思います。

    その際には、検査するワークなどを持ち込めるのであるのなら、話が早いかも?しれません。

    (今回も参加する事になるのかな~???
    もし、私のお気づきの方がいらっしゃったらお声をかけて下さい。少なくとも展示会には行っていると思います。)

    技術相談コーナー

    http://www.adcom-media.co.jp/ite/tech/

    画像処理へ戻る