最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法
  • レンズ選定(視野、撮影距離など)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    下図のような、レンズの焦点距離 f やワーキングディスタンスの求め方を紹介します。

    レンズ選定

    レンズの計算には、下図のような薄肉レンズモデルを用いて計算します。
    レンズの公式

    計算に必要なのは、レンズの公式と倍率の計算式です。

    レンズの公式 倍率
    レンズの公式 倍率

    下記、表中に数値を入力し×××計算ボタンをクリックすると、それぞれの値を計算することが出来ます。

    以下、物体距離 ≒ ワーキングディスタンスとして計算します。
    また、下記計算中の『センサ幅 ℓ (mm)』の値はセンサの物理的な大きさを指定するのではなく、実際の撮影に使用するセンサの領域を指定します。
    例)CCD素子サイズが7μmのセンサで5000画素使用する場合、センサ幅 ℓ (mm)は
    7μm × 5000画素 = 35mm
    とします。

    ただし、ラインセンサでラインセンサの専用レンズでなく、一眼レフカメラ用のFマウント、Kマウントレンズを用いる場合は、経験的に、ここで説明している計算でレンズを選定するよりも、マクロのf=55mmぐらいのレンズを用い、ワーキングディスタンスで視野を調整した方がきれいな画像が撮影できると思います。

    焦点距離 f を求める場合

    レンズの公式、倍率の式を変形して、
    焦点距離

    として焦点距離を求めます。

    センサ幅 ℓ (mm)
    視野幅 L(mm)
    ワーキングディスタンス a(mm)
    焦点距離 f(mm)

    ワーキングディスタンス a を求める場合

    レンズの公式、倍率の式を変形して、
    ワーキングディスタンス
    としてワーキングディスタンスを求めます。

    センサ幅 ℓ (mm)
    視野幅 L(mm)
    焦点距離 f(mm)
    ワーキングディスタンス a(mm)

    被写界深度を求める場合

    被写界深度は下図のように求めます。
    被写界深度

    被写界深度の計算

    として被写界深度を求めます。
    CCDカメラの場合、許容錯乱円 ≒ CCDの画素サイズと して計算します。

    ワーキングディスタンス a(mm)
    許容錯乱円 ε(μm)
    F値
    焦点距離 f(mm)
    前側被写界深度(mm)
    後側被写界深度(mm)
    被写界深度(mm)


    ※本計算は薄肉レンズモデルの計算です。計算値には誤差が含まれます。
    計算結果は参考程度に参照して下さい。

    備考

    レンズ選定の式にはここに記載してある式とは別に
    レンズの公式

    という図の場合、
    レンズの公式

    の関係式から、焦点距離は
    レンズの公式

    として求める!

    というような説明も多いかと思います。 むしろ、こちらの方が多い?!

    なぜか、カメラレンズメーカーのレンズ選定の式ではこちらの式を用いる場合が多く、
    ガラスレンズメーカーは最初に紹介したレンズの公式を用いて紹介している場合が多いようです。
    試しに両方計算してみると分かりますが、計算結果はさほど変わりません。
    おそらく、薄肉レンズモデル計算の誤差範囲???

    ということから、レンズの選定の場合には計算の簡単な、こちらの式を用いるのかもしれませんが、
    どうにも、焦点距離fの示している距離が気持ち悪くて、最初に説明しているレンズの公式を用いた
    説明としました。
    本来、焦点距離fは無限遠からの光(平行光)が入射した時に、レンズの主点から光が1点に集まる場所までの
    距離を現します。
    ワーキングディスタンスもレンズ本体(筐体)の先端からの距離ですが…
    この辺の名称の詳細はレンズ周りの名称のページを参照願います。

    関連記事

    関連記事

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    コメント