【C++/CLI】メニューを付ける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • 新規プロジェクトの作成のページでは、何もしないだたのウィンドウ表示のプログラムを作成しましたが、このウィンドウにメニューを付けたいと思います。

    と、その前に簡単にVisualStudioの操作説明をしたいと思います。

    フォーム(ウィンドウ)上にメニューやボタンなどを配置するときは、ソリューションエクスプローラのタブを選択し、フォームのファイル(*.h)を選択し、デザイナの表示アイコンをクリックします。

    ファイルメニューを付ける

    デザイナの表示からイベント処理などのソースコードを書くときはコードの表示アイコンをクリックします。

    メニューを付ける

    オブジェクト(メニューやボタン、ピクチャボックスなど)の名前や大きさ、位置などの情報を設定するには右下のプロパティタブを選択し、プロパティアイコンをクリックします。

    メニューを付ける

    メニューをクリックしたときなどの処理(イベント処理)を表示するにはイベントアイコンをクリックします。

    イベント処理

    と、準備はここまで。

    フォームファイル(*.h)を選択し、デザイナを表示します。
    右側のツールボックスをタブを選択し、この中からMenuStripを選択し、フォームの上にドラッグ&ドロップします。

    メニューの追加

    次にここへ入力と書かれた部分に表示するメニューの文字を記入していきます。

    メニューを付ける

    ここで、ファイルの文字の右側に(F)と表示されていますが、これはメニューをAltキーを使って操作するときの文字で、文字の入力時にはファイル(&F)のようにアルファベットの頭に&を付けます。
    また、メニューの間に表示されている仕切り線(Separator)はここへ入力の部分に - (ハイフン)を入力します。

    メニューを付ける

    ここで、デフォルトではそれぞれのメニューの名前(Name)は開くOToolStripMenuItemなどとなっており、このままだとソースコードに日本語が入ってしまっていまいちなので、それぞれ下表のように名前を付けておきます。

    Text (Name)
    ファイル(&F) mnuFile
    開く(&O) mnuFileOpen
    終了(&X) mnuFileExit

    この名前の付け方はVB6.0の時に使っていたプレフィックスを用いていますが、詳しく知りたい方は
    このページ↓を参照すると良いと思います。
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa263493(VS.60).aspx

    次にメニューをクリックしたときの処理(イベント処理)を追加していきます。
    メニューのイベント処理は開く(O)をダブルクリックすると、メニューをクリックした時の処理のソースコードが自動的に作成されます。このへんはVB6.0と同じです。

    private: System::Void mnuFileOpen_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
    
                 }
    

    この{ } の間にメニューをクリックしたときの処理を書いていきます。
    下記は開くメニューをクリックした時にファイルを開くダイアログボックスを表示し、ファイル名を眼セージボックスで表示するソースコードです。

     private: System::Void mnuFileOpen_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
                     //ファイル→ファイルを開く
    
                     //ファイルを開くダイアログの作成
                     OpenFileDialog^ dlg = gcnew OpenFileDialog;
                     //ファイルフィルタ
                     dlg->Filter = "画像ファイル(*.bmp,*.jpg,*.png,*.tif,*.ico)|*.bmp;*.jpg;*.png;*.tif;*.ico";
                     //ダイアログの表示 (Cancelボタンがクリックされた場合は何もしない)
                     if (dlg->ShowDialog() == System::Windows::Forms::DialogResult::Cancel) return;
                     //取得したファイル名の表示
                     MessageBox::Show(dlg->FileName);
                 }
    

    終了メニューは下記の通りです。

    private: System::Void mnuFileExit_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
                     //ファイル→終了
                     this->Close();
                 }