最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法

  • 【C++/CLI】画像の拡大縮小表示(高機能版)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    画像の拡大縮小表示(簡易版)のページでは、簡単に画像の拡大縮小表示する方法を紹介しましたが、画像サイズが大きいときなど、不都合な場合があるのですが、その時にはDrawImageメソッドを使って画像を拡大縮小表示します。

    Win32APIのStretchDIBits関数に相当するのが、.NETではGraphicsクラスのDrawImageメソッドになります。
    DrawImageメソッドには実に30個ものオーバーロードがあり、その分だけ高機能になっているのですが、詳細はMSDNに任せるとして、これまで慣れ親しんできたStretchDIBitsに近いメソッドを紹介します。

    DrawImageの構文は以下の通り

    void DrawImage (
    	Image^ image,
    	Rectangle destRect,
    	Rectangle srcRect,
    	GraphicsUnit srcUnit
    )
    
    image 描画するImageオブジェクト
    通常はBitmapオブジェクトを渡す
    destRect 描画先(ピクチャボックスなど)の描画領域
    srcRect 描画するImageオブジェクトの領域
    srcUnit srcRect パラメータで使用する単位を指定する GraphicsUnit 列挙体のメンバ
    通常はGraphicsUnit::Pixelと指定すればOK

    また、Win32APIのSetStretchBltModeのように伸縮モードを設定するには、.NETでは
    GraphicsオブジェクトのInterpolationModeプロパティで設定します。

    Default 規定の補間モード
    High 高品質補間
    Low 低品質補間
    NearestNeighbor 最近傍補間
    Bilinear 双一次補間
    Bicubic 双三次補間
    HighQualityBilinear 高品質双一次補間
    HighQualityBicubic 高品質双三次補間

    画像処理のプログラムでは画素の1つ1つが良くわかるNearestNeighborがオススメです。

    ということで、画像を等倍で表示する場合は、srcRectとdestRectを同じサイズに指定します。

    http://blog-imgs-27-origin.fc2.com/i/m/a/imagingsolution/blog95_1.png

    画像を n倍に拡大する場合は、srcRectをdestRectの1/n倍のサイズに指定します。

    画像の拡大縮小(DrawImage)

    この処理のサンプルプログラムは以下に示しておきます。
    ただし、エラー処理などはまるで無視しています。

     private: System::Void Form1_Load(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
    
         //PictureBoxと同じ大きさのBitmapクラスを作成する。
         Bitmap^ bmpPicBox = gcnew Bitmap(pictureBox1->Width, pictureBox1->Height);
         //空のBitmapをPictureBoxのImageに指定する。
         pictureBox1->Image = bmpPicBox;
         //Graphicsクラスの作成(空のピクチャボックスからGraphicsを作成する)
         Graphics^g = Graphics::FromImage(pictureBox1->Image);
    
         //伸縮モードをNearestNeighborに設定
         g->InterpolationMode = Drawing2D::InterpolationMode::NearestNeighbor;
    
         //描画するビットマップ
         Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap("c:\\test.bmp");
         //画像の描画
         int DrawScale = 5;
         g->DrawImage(bmp,
          System::Drawing::Rectangle(0, 0, pictureBox1->Width, pictureBox1->Height),
          System::Drawing::Rectangle(140, 100, pictureBox1->Width / DrawScale, pictureBox1->Height / DrawScale),
          GraphicsUnit::Pixel);
        }
    

    実行画面
    画像の拡大縮小(DrawImage)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    1. […] 画像表示の拡大縮小については画像の拡大縮小表示(高機能版)として紹介しましたが、今回は画像データのそのものを拡大縮小する方法を紹介します。 […]