【C++/CLI】新規プロジェクトの作成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • VisualStudioで新規にC++/CLIのプログラムを作成する場合は以下の手順で行います。

    VisualStudioを起動すると下図のようなウィンドウが開きます。

    VisualStudioの起動

    次に作成の文字の右側にあるプロジェクトの文字をクリックします。
    すると下図ウィンドウが開きます。

    新しいプロジェクト

    ここで、

    プロジェクトの種類:CLR
    テンプレート:Windowsフォームアプリケーション

    を選択し、プロジェクト名に適当な名前を入力し、OKボタンをクリックします。
    (ソリューションのディレクトリを作成のチェックは入れておきます。)
    すると下図のようなウィンドウが表示されます。

    プロジェクトの起動

    この状態で、ツールバーにある再生ボタン(デバッグ開始)をクリックすると、ビルドの確認ダイアログボックスが表示されるので、はいボタンをクリックします。

    プロジェクトのビルド

    するとプログラムがビルドされ、これだけで空のウィンドウが表示されるだけのプログラムが実行されます。

    C++/CLIプログラムの実行

    ところで、ソリューションって何???と思う人もいるかと思いますが、今回はTestというプロジェクトを
    作成しましたが、このとき作成されたファイルのディレクトリ構造は以下のようになっています。

    Test ←ソリューションフォルダ
    ┣ Test ←プロジェクトフォルダ
    ┃  ┣ app.ico
    ┃  ┣ apprc
    ┃  ┣ AssemblyInfo.cpp
    ┃  ┣ Form1.h
    ┃  ┣ Form1.resX
    ┃  ┣ ReadMe.txt
    ┃  ┣ resource.h
    ┃  ┣ stdafx.cpp
    ┃  ┣ stdafx.cpp
    ┃  ┣ stdafx.h
    ┃  ┣ Test.cpp
    ┃  ┗ Test.vcproj ←プロジェクトファイル
    ┣ Test.ncb
    ┣ Test.sln ←ソリューションファイル
    ┗ Test.suo

    となっています。
    つまり、プロジェクトの1つ上の階層にソリューションが作成されているのですが、アプリケーションを開発するときに、メインのプロジェクト、ライブラリのプロジェクト、ユーザコントロールのプロジェクトなどを
    同時進行で開発する場合など、各プロジェクトを取りまとめるのがソリューションの役目です。
    このようにすることで、各プロジェクトをまたいでデバッグができるようになるので、うまく使うと便利な機能です。
    もっとも、1つのプロジェクトしか使わない場合はソリューションは邪魔にしか思えないと思いますが、
    ソリューションファイル(*.sln)は、必ず1つ作成されます。