【C++/CLI】モノクロ画像の上に線などを描画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • モノクロ画像の上に線などを描画する方法をまとめました。

    【目標】

    • モノクロ/カラー区別なく画像の上に描画できること
    • 高速に描画できること
    • 再描画すること

      作成したサンプルプログラムはこんな感じ↓です。

      モノクロ画像の上に線などを描画

      (サンプルプログラムの使い方)
      各ボタンをクリックするとファイルを開くダイアログボックスが開きますので、ビットマップファイルを指定して下さい。
      (ダウンロード)MonoImageDisp2005.zip(Visual Studio 2005 Express Edition版)

      準備

      線の描画は条件を同じにするため、以下の関数を使い回しました。

      void DrawGraphics(Graphics^ g){
      	//ギザギザ模様を画像の上に描画
      
      	int i, j;
      
      	//ギザギザの線の描画
          for (j = 0; j < 256; j+= 3){
      	    for (i = 0; i < 25; i++){
      		    g->DrawLine(Pens::Blue, i * 10, j, i * 10 + 5, j - 5);
      		    g->DrawLine(Pens::Blue, i * 10 + 5, j - 5, i * 10 + 10, j);
      	    }
          }
      }
      

      よくあるサンプルプログラム

      private: System::Void btnBitmap_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
      		 //ビットマップファイルからBitmapクラスを作成し、ピクチャボックスへ渡す方法
      		 //モノクロ画像だとエラーになります。
      
      	     try{
      			//描画時間計測用
      		    Diagnostics::Stopwatch^ sw = gcnew Diagnostics::Stopwatch;
      
      			//ピクチャボックスの画像クリア
      			pictureBox1->Image = nullptr;
      
      			//画像ファイル名の取得
      			String^ FileName = GetImageFilename();
      			//Bitmapクラスの作成
      			Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap(FileName);
      			//PictureBoxへBitmapを表示する。
      			pictureBox1->Image = bmp;
      
      			//Graphicsクラスの作成
      			//※モノクロ画像ファイルを開くと、ここでエラーになります。
      			Graphics^ g = Graphics::FromImage(bmp);
      			//画像の上にギザギザ模様の描画
      			sw->Start();
      			DrawGraphics(g);
      			sw->Stop();
      			//描画時間表示
      			MessageBox::Show("描画時間 = " + sw->ElapsedMilliseconds.ToString() + " msec");
      
      		 }catch(Exception^ err){
      			//エラーの表示
      			MessageBox::Show(err->Message);
      		 }
      	 }
      

      このプログラムではカラー画像では問題ないのですが、8ビットモノクロ画像ファイルを開くとFromImageメソッドでエラーとなります。

      CreateGraphicsを使ってGraphicsクラスを作成する方法

      private: System::Void btnCreateGraphics_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
      		 //CreateGraphicsを使ってGraphicsクラスを作成し描画する。
      		 //モノクロ画像の上にも描画できますが、描画時間がかなり遅くなります。
      		 //描画したギザギザ模様は再描画されません。
      
      		 try{
      			//描画時間計測用
      		    Diagnostics::Stopwatch^ sw = gcnew Diagnostics::Stopwatch;
      
      			//ピクチャボックスの画像クリア
      			pictureBox1->Image = nullptr;
      
      			//Graphicsクラスの作成(CreateGraphicsを使う)
      			Graphics^ g = pictureBox1->CreateGraphics();
      
      			//画像ファイル名の取得
      			String^ FileName = GetImageFilename();
      			//Bitmapクラスの作成
      			Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap(FileName);
      			//PictureBoxへBitmapを表示する。
      			pictureBox1->Image = bmp;
      			pictureBox1->Refresh();
      
      			//画像の上にギザギザ模様の描画
      			sw->Start();
      			DrawGraphics(g);
      			sw->Stop();
      			//描画時間表示
      			MessageBox::Show("描画時間 = " + sw->ElapsedMilliseconds.ToString() + " msec");
      
      		 }catch(Exception^ err){
      			//エラーの表示
      			MessageBox::Show(err->Message);
      		 }
      	 }
      

      このプログラムでは、モノクロ画像ファイルを開いても、モノクロ画像の上に線を描画することができます。
      ただし、遅い!!!
      再描画もされません。

      PictureBoxと同じ大きさのBitmapクラスを作成し、ピクチャボックスのImageへ。画像データはDrawImageで描画

      private: System::Void btnDrawImage_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
      		 //ピクチャボックス表示用と画像データ用と別のBitmapクラスを作成し、
      		 //ピクチャボックスにはDrawImageを使って画像を描画する。
      		 //モノクロ画像でも表示可能
      		 //再描画可能、CreateGraphicsを使うより高速
      
      		 try{
      			//描画時間計測用
      		    Diagnostics::Stopwatch^ sw = gcnew Diagnostics::Stopwatch;
      
      			//ピクチャボックスの画像クリア
      			//pictureBox1->Image = nullptr;
      
      			//画像ファイル名の取得
      			String^ FileName = GetImageFilename();
      			//Bitmapクラスの作成
      			Bitmap^ bmpFileImage = gcnew Bitmap(FileName);
      
      			//PictureBoxの大きさを画像の大きさに合わせる
      			pictureBox1->Width  = bmpFileImage->Width;
      			pictureBox1->Height = bmpFileImage->Height;
      
      			//PictureBoxと同じ大きさのBitmapクラスを作成する。
      			Bitmap^ bmpPicBox = gcnew Bitmap(pictureBox1->Width, pictureBox1->Height);
      			//空のBitmapをPictureBoxのImageに指定する。
      			pictureBox1->Image = bmpPicBox;
      			//Graphicsクラスの作成(CreateGraphicsを使う)
      			Graphics^ g = Graphics::FromImage(pictureBox1->Image);
      
      			//PictureBoxへBitmapを描画する。
      			g->DrawImage(bmpFileImage, 0, 0);
      			pictureBox1->Invalidate();
      
      			//画像の上にギザギザ模様の描画
      			sw->Start();
      			DrawGraphics(g);
      			sw->Stop();
      			//描画時間表示
      			MessageBox::Show("描画時間 = " + sw->ElapsedMilliseconds.ToString() + " msec");
      
      		 }catch(Exception^ err){
      			//エラーの表示
      			MessageBox::Show(err->Message);
      		 }
      	 }
      

      最初にピクチャボックスと同じ大きさのBitmapクラスを作成し、ピクチャボックスのImageクラスへ渡す。ピクチャボックスのImageからFromImageメソッドでGraphicsクラスを作成。
      このようにすると、モノクロ画像の上にも線を描画することができ、再描画も勝手にしてくれます。
      しかも、CreateGraphicsを使ってGraphicsクラスを作成した場合よりも、描画速度は10倍くらい速くなります。

      コメント

      1. […] ェクトを作成する方法とCreateGraphisメソッドを使った方法の処理時間の比較などを「モノクロ画像の上に線などを描画」のページで紹介しています。 もしよろしければご参照下さい。 Check […]