【C++/CLI】画像の拡大縮小表示(簡易版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • C++/CLIで簡単にできる画像の拡大縮小表示を紹介します。

    今回、作成したプログラムはこんな感じ↓です。

    画像の拡大縮小表示

    このサンプルプログラムはこちら
    SimpleZoomImage.zip
    (VisualStudio2005 Express Edtionで作成)

    作成手順は本当に簡単。
    下図のようにフォームの上にMenuStripPanel、Panelの上にPictureBoxと配置していきます。

    画像の拡大縮小表示

    Panelをクリックすると、右上に三角マークが表示されるので、それをクリックし、
    親コンテナにドッキングするをクリックします。

    画像の拡大縮小表示

    次にパネルとピクチャボックスのプロパティを以下のように設定します。

    panel1->AutoScroll = true;
    pictureBox1->SizeMode = System::Windows::Forms::PictureBoxSizeMode::Zoom;

    ■AutoScroll

    trueに設定するとパネル上に配置されたコントロールコンテンツ(ピクチャボックスなど)がパネルの大きさより大きい場合は自動的にスクロールバーを表示し、コントロールをスクロールしてくれます。

    ■SizeMode

    ピクチャボックスに設定されたイメージをどのように表示するかを設定します。

    Normal 画像をピクチャボックスの左上に合わせて表示します。
    StretchImage 画像をピクチャボックスの幅、高さに合わせて表示します。
    画像をピクチャボックスの幅、高さに合わせて表示します。
    AutoSize ピクチャボックスのサイズを画像サイズに合わせて変更します。
    CenterImage ピクチャボックスの中心と画像の中心を合わせるようにして表示します。画像サイズがピクチャボックスより大きい場合は、画像がはみ出して表示されます。
    Zoom 画像全体をピクチャボックス全体に表示するように画像表示サイズを変更し、ピクチャボックスの中心に表示します。
    画像の縦横比はくずれません。

    画像の読み込みは、こんな感じ↓です。

    private: System::Void mnuFileOpen_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
    	//ファイルを開くダイアログの作成
    	OpenFileDialog^ dlg = gcnew OpenFileDialog;
    	//ファイルフィルタ
    	dlg->Filter = "画像ファイル(*.bmp,*.jpg,*.png,*.tif,*.ico)|*.bmp;*.jpg;*.png;*.tif;*.ico";
    	//ダイアログの表示
    	dlg->ShowDialog();
    	//ビットマップファイルから、Bitmapを作成
    	Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap(dlg->FileName);
    	//ピクチャボックスをビットマップ画像サイズに合わせる
    	pictureBox1->Width = bmp->Width;
    	pictureBox1->Height = bmp->Height;
    	//ピクチャボックスのImageへ
    	pictureBox1->Image = bmp;
    }
    

    あとは、ピクチャボックスの大きさを拡大縮小したい倍率に合わせて変更すれば、勝手に画像は拡大縮小し、スクロールバーは自動的に調整してくれます。

    private: System::Void mnuZoomEnlargement_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
    	//拡大(2倍)
    	pictureBox1->Width *= 2;
    	pictureBox1->Height *= 2;
    }
    private: System::Void mnuZoomReduce_Click(System::Object^  sender, System::EventArgs^  e) {
    	//縮小(1/2倍)
    	pictureBox1->Width /= 2;
    	pictureBox1->Height /= 2;
    }
    

    と、これだけ!
    本当に簡単にすごいことができちゃいます。

    ただし、この方法では、大きい画像やモノクロの画像の上に線などの描画ができません。
    その場合はDrawImageメソッドをお使い下さい。

    コメント

    1. […] 画像の拡大縮小表示(簡易版)のページでは、簡単に画像の拡大縮小表示する方法を紹介しましたが、画像サイズが大きいときなど、不都合な場合があるのですが、その時にはDrawImageメ […]