最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法
  • 【ImageDataクラス】サンプルプログラム

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ImageDataクラスライブラリ公開のページにて公開しているサンプルプログラムについて簡単に説明しておきます。

    このサンプルプログラムの開発環境は

    • Visual Studio 2015 C#
    • .NET Framework 4.5.2

    となります。

    上記環境にて、サンプルプログラムを実行すると、下図のような画面が開きます。

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    このFileメニューよりOpenを選択し、画像ファイルを指定します。

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    このOpenの処理の中身は、ほぼ.NET FrameworkのBitmapクラスなので、開く事のできるファイルもBitmapクラスに従い、*.bmp、*.jpg、*.png、*.tifとなります。

    保存(Save)は上記形式に加え、CSVファイルにも保存できます。

    画像を開いたら、ウィンドウに等倍で画像が表示されます。

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    ステータスバー左側にはマウスポインタが指示している画像の座標と、その位置の輝度値(R, G, B)が表示されます。

    また、ステータスバー右側には、フィルタ処理を行った時の処理時間が表示されます。

    画像のフィルタ処理を実行するにはFileメニューより、GrayScaleGaussianSobelの3つの処理を選ぶことができます。

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    GrayScaleの処理結果

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    Gaussianフィルタの処理結果

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    Sobelフィルタの処理結果

    ImageDataクラス サンプルプログラム

    の3つの処理を実装しています。

    フィルタ処理の部分はソースを公開しているので、フィルタ処理プログラム作成の参考にしてみて下さい。

    今回、この3つの処理を選んだのには

    GrayScael・・・処理の前後で画像のビット数が変わる例

    Gaussian・・・画像の外側の輝度値を参照する例

    Sobel・・・計算結果が負になる場合がある例

    の代表的な例として公開しています。

    ソースコードを見て頂くと分かりますが、画像の外側も普通に参照しちゃってるっぽいし、フィルタ処理の計算結果が0~255の範囲を超える場合もありそう・・・なのですが、そこは、このImageDataクラスがなんとかしてくれてます。

    ImageDataクラスライブラリへ戻る

    関連記事

    関連記事

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    コメント

    1. […] 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム […]