【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存

画像処理をしていると、画像の輝度値をCSVファイルに保存したいという要望はよくあります。

 

このImageDataクラスではSave()メソッドに拡張子がCSVのファイルにも対応したので、輝度値をCSVファイルに保存するには

 

var img = new ImagingSolution.Imaging.ImageData("Mandrill.BMP");
img.Save("Mandrill.csv");

 

というコード量だけで、CSVファイルに保存できます。

ちなみに、CSVファイルに保存したいだけであれば、こちらで公開しているサンプルプログラムでも輝度値をCSVファイルに保存できるので、お試しください。

 

例えば、マンドリルのこの画像↓をCSVファイルに保存すると、

ImageData_SaveCSVFile

 

下図のように画像の左上から画像の輝度値がカンマ区切りで保存されます。

ImageData_SaveCSVFile

 

このCSVファイルをエクセルで表示すると、

ImageData_SaveCSVFile

 

エクセルにはセルの値に連動してセルの色を変える条件付き書式というのがあるのですが、この機能を使うとセルに画像を表示することができます。(ただし、モノクロ画像のみ)

 

やり方は、条件付き書式→カラースケール→その他のルールと選択します。

ImageData_SaveCSVFile

 

すると、最小値種類の部分を数値にして

ImageData_SaveCSVFile

 

同様に、最大値種類の部分を数値にして255に設定します。

ImageData_SaveCSVFile

 

すると、エクセル上に、こんな感じ↓で画像が表示されます。

ImageData_SaveCSVFile

 

ImageDataクラスライブラリへ戻る



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: ImageData Class  タグ: . Bookmark the permalink.

【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ImageDataクラスライブラリ | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です