Windowsドライバの削除方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • Kinectなどで遊んでいると、OpenNIなど、いくつかのドライバ・ライブラリが出回っているため、使うソフトによって、ドライバを削除・インストールを行い切り替える必要があるのですが、ちょっとはまりやすいので、ドライバの削除方法について、まとめておきます。

    注)ドライバの削除を誤ると、他のデバイスが動作しなくなる場合がありますので、ドライバの削除は十分注意のうえ、自己責任で行って下さい。

    Windowsのドライバを削除する場合、スタートメニューよりコントロールパネル→デバイスマネージャーで削除するデバイスを右クリックして削除を行っても、デバイスマネージャーのメニューの操作→ハードウェア変更のスキャンをクリックすると削除したはずのドライバが元に戻ってしまいます。

    Windowsドライバの削除方法

    そうならないようにするためにもドライバを完全に削除する方法を紹介します。

    まず、削除するデバイスを選択し、右クリックしプロパティをクリックします。

    Windowsドライバの削除方法

    次に表示されたウィンドウのドライバータブのドライバーの詳細をクリックします。

    Windowsドライバの削除方法

    するとデバイスドライバが使用しているファイルが表示されているので、これらのファイルを削除します。

    ちなみにKinect-v**-withsourceを使ってドライバをインストールした場合は以下の3つのファイルを削除します。
    C:\Windows\System32\drivers\libusb0.sys
    C:\Windows\System32\libusb0.dll
    C:\Windows\SysWOW64\libusb0.dll
    (ただし、削除したドライバが元に戻らなくするだけなら、これらのファイルを削除する必要はありません。
    あくまで、完全にドライバを削除する場合)

    次にC:\Windows\infのフォルダ内にある*.infファイルの中から、削除するデバイスが使用していると思われるファイルを見つけます。
    infファイルをメモ帳などで開き、DeviceNameやSourceNameなどを参考にしながら対象のinfファイルを探し出します。

    ちなみに、Kinect-v**-withsourceを使ってドライバをインストールした場合は、以下のように表示されている3つのファイルが相当します。

    ; Xbox_NUI_Motor.inf
    ; Copyright (c) 2010 libusb-win32 (GNU LGPL)
    [Strings]
    DeviceName = "Xbox NUI Motor"
    VendorName = "Microsoft Corp."
    SourceName = "Xbox NUI Motor Install Disk"
    DeviceID   = "VID_045E&PID_02B0"
    DeviceGUID = "{283E6E32-2356-4775-9D97-0B4EA8775D39}"
    ・・・
    

    ; Xbox_NUI_Camera.inf
    ; Copyright (c) 2010 libusb-win32 (GNU LGPL)
    [Strings]
    DeviceName = "Xbox NUI Camera"
    VendorName = "Microsoft Corp."
    SourceName = "Xbox NUI Camera Install Disk"
    DeviceID   = "VID_045E&PID_02AE"
    DeviceGUID = "{D3074D04-3130-4FF6-A71F-D810C5D59867}"
    ・・・
    

    ; Xbox_NUI_Audio.inf
    ; Copyright (c) 2010 libusb-win32 (GNU LGPL)
    [Strings]
    DeviceName = "Xbox NUI Audio"
    VendorName = "Microsoft Corp."
    SourceName = "Xbox NUI Audio Install Disk"
    DeviceID   = "VID_045E&PID_02AD"
    DeviceGUID = "{D4AF50D4-8548-420F-87E4-F3B9AE4F5918}"
    ・・・
    

    *.infファイルはoem**.infというようなファイル名になっている場合が多いのですが、oem**.infファイル同じ名前のoem**.PNFファイルの2ファイルをセットで削除します。
    Kinectの場合、Motor、Camera、Audio用のファイル3セット(*.infと*.PNF)、計6つのファイルを削除します。

    そして最後に?(最後じゃなくてもいいかも?)、削除するデバイスを選択して右ボタンクリックで削除をクリックします。
    Windowsドライバの削除方法

    これで、ハードウェア変更のスキャンを行っても、ドライバが元に戻る事は無くなるので、新たにドライバをインストールすることが可能となります。