【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する

  • Pythonは様々なライブラリを使うことができますが、Pythonのバージョン依存も多いという事なので、複数バージョンのPythonを構築したくなります。

    そこで、Anacondaを使うと比較的簡単に複数バージョンのPython環境が構築できます。

    まず、スタートメニューからAnaconda Navigatorを起動します。

    複数バージョンのPytnon切り替え

    Anaconda Navigatorが起動したらEnvironmentsを選択します。

    複数バージョンのPytnon切り替え

    次にやや左側下のCreateをクリックし、Python横の V マークをクリックして、インストールするPythonのバージョンを選択します。

    (今回は2.7を選択しました)

    複数バージョンのPython切り替え

    この環境に名前を付けるのですが、Nameの部分には小数点が入れられないようなので、私はPython27とし、Createボタンをクリックします。

    複数バージョンのPython切り替え

    すると、Python2.7のインストールが開始します。

    複数バージョンのPython切り替え

    インストールが完了すると、Python27というバーが出現するので、ここの▶マークをクリックして、Jupyter Notebookを起動したいところなのですが、グレーアウトしていて選択できません。

    複数バージョンのPython切り替え

    こちら↓はroot(Python3.6)の画面

    複数バージョンのPython切り替え

    Jupyter Notebookも使いたいので、やや右上のプルダウンメニュ―からNot installedを選択します。

    複数バージョンのPython切り替え

    すると、インストールされていないモジュールの一覧が表示され、スクロールバーを下げていくと、Jupyter Notebookを使うのに必要そうな一覧が表示されています。

    複数バージョンのPython切り替え

    実際にどれが必要になるのか?私はあまりわかっていないのですが、とりあえず、それっぽいファイルの4つ

    jupyter

    jupyter_client

    jupyter_console

    jupyter_core

    の右側にあるチェックボックスにチェックを入れ、Applyボタンをクリックします。

    すると、インストールされたものの一覧が表示されるので、Applyボタンをクリックします。

    複数バージョンのPython切り替え

    これで、最初、Python27横の▶マークをクリックしても有効でなかったJupyter Notebookが使えるようになるので、クリックしてみます。

    複数バージョンのPython切り替え

    するとJupyter Notebookが起動し、試しに新しいプロジェクトを作成するのにNewボタンをクリックしてみると、Python2と表示されていることが確認できます。

    複数バージョンのPython切り替え

    これで、バージョン依存のあるライブラリを使用するのに、Pythonのバージョンを切り替えながらプロジェクトを作成することが可能となります。