スポンサーリンク
最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法

  • 【VisualStudio】任意キーワード(Int32など)に色を付ける

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    VisualStudioを使っていると、int doubleの文字は青く表示されますが、これを.NETっぽくInt32Doubleなどと書くと、色が付いてくれないので、ちょっと見づらくなります。

    しかし、これらの任意の文字列に色を付けて表示する方法があります。

    その方法は、

    1. 色を付けたいキーワードを1行に1つずつテキストエディタで書き、これを「usertype.dat」というファイル名で保存する。
    2. 保存したファイル(usertype.dat)を「devenv.exe」というファイルのあるフォルダに保存する。
      Visual C++ 2005 Express Editionでの私の環境では
      C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE
      のフォルダに保存します。
    3. VisauStudioを起動する。

    (情報元)
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa301710(VS.71).aspx

    すると、こんな感じになります。

    【キーワード設定前】

    キーワードに色を付ける。

    【キーワード設定後】

    キーワードに色を付ける

    これで少しは見やすくなる?と思います。
    参考までに私のusertype.datのテキストを以下に示します。
    各自、使いやすいように編集してみて下さい。

    System
    
    Array
    Boolean
    Byte
    Char
    DateTime
    Double
    Enum
    EventArgs
    Int16
    Int32
    Int64
    IntPtr
    Math
    Random
    SByte
    Single
    String
    UInt16
    UInt32
    UInt64
    
    Collections
    ComponentModel
    Container
    Data
    Drawing
    EventArgs
    EventHandler
    Object
    
    Bitmap
    Brush
    Brushes
    Color
    Font
    Graphics
    Image
    Pen
    Pens
    Point
    PointF
    Rectangle
    RectangleF
    SolidBrush
    Size
    SizeF
    
    Drawing2D
    DashStyle
    FillMode
    LineCap
    
    Imaging
    
    BitmapData
    
    Diagnostics
    Stopwatch
    
    IO
    
    BinaryReader
    BinaryWriter
    FileStream
    StreamReader
    StreamWriter
    StringReader
    StringWriter
    
    Windows
    
    Forms
    
    Application
    Button
    CheckBox
    ComboBox
    CommonDialog
    Control
    Cursor
    DataGrid
    DataGridView
    FileDialog
    FontDialog
    Form
    GroupBox
    HScrollBar
    ImageList
    KeyEventArgs
    Label
    ListBox
    ListView
    MainMenu
    Menu
    MenuStrip
    MessageBox
    MonthCalender
    OpenFileDialog
    Padding
    Panel
    PictureBox
    RadioButton
    RichText
    SaveFileDialog
    Screen
    ScrollBar
    Splitter
    SatusBar
    SatusStrip
    TabControl
    TextBox
    ToolBar
    ToolBarButton
    ToolStrip
    ToolStripButton
    ToolStripComboBox
    ToolStripLabel
    ToolStripMenuItem
    ToolStripSeparator
    ToolStripStatusLabel
    TreeNode
    TreeView
    VScrollBar
    
    NULL
    
    IplImage
    
    Ipp8u
    Ipp16u
    
    IppStatus
    IppiSize
    IppiRect

    Visual Studioへ戻る

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク