フリーで使えるVisual Studio Expressの入手

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月現在、最新版はVisual Studio 2012となりました。

VS2012 Expressについては、下記、記事にまとめました。

Visual Studio 2012 Expressが公開されました

以下は、旧版の内容です。

———————————————————

VB.NET、C#、C++/CLIをこれから始めようとしている方は、まずは無料で使えるVisual Studio Expressを試すのがオススメです。
このVisual Studio Expressは、プログラム初心者や学生向けという位置づけですが、そこそこの事ができます。

入手先はこちら

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

旧版のVisual Studio 2008 Express Editionもこちらから入手可能です。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2008/product/express/

Visual Studio 2010のC++/CLIではIntellisense(携帯で言うところの予測入力みたいなもの)が使えないので、C++/CLIをやりたい場合は、VS2008の方がいいと思います。

このExpressでは何ができないか?というと、細かい事はVisual Studio 2005の場合ですが、

@IT
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/special/vs2005compare/vs2005compare_01.html

に任せるとして、私がExpressで不便に感じたのは

  • C++/CLIのExpressにはリソースエディタが無い
    →バージョン管理ができない、SDKのウィンドウが作れない。
  • ユーザーコントロールが作れない
  • マクロ機能が無い
  • ソリューションが多言語をまたげない
    →VB.NETやC#の混在が出来ない。

などなど。

と、言いながらもちょっとしたアプリケーションを作るだけなら、かなりの事が出来るので、まずはこのExpressから初めてみては如何でしょうか?

Visual Studioへ戻る

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする