【Windows8】ピン留めとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows8では、これまでタスクバーなどにアイコンを追加していた行為をWindows8では「ピン留めする」と言うようになりました。

ちなみに、Windows7ではタスクバーに表示されいる起動しているアプリのアイコンを右クリックすると、タスクバーにこのプログラムを表示するとメニューが表示されていましたが、アイコンを良く見るとピンのマークになっています。

(Windows7の画面)

【Windows8】ピン留めとは?

Windows8でタスクバーに表示されているアプリのアイコンを右クリックすると

【Windows8】ピン留めとは?

タスクバーにピン留めすると表示されるので、これをクリックすると、WindowsXP時代の用語で言うと、クイック起動のようにアイコンが登録されます。

逆にピン留めを外す(アイコンを削除する)場合は、ピン留めされているアイコンを右クリックすると、ピン留めを外すと表示されているので、これをクリックするとアイコンが削除されます。

また、エクスプローラに表示されているフォルダやexeファイルを右クリックすると、スタート画面にピン留め(アイコンを追加)するか?、タスクバーにピン留めするか?を選ぶ事が出来るので、必要に応じてスタート画面かタスクバーかは選択して下さい。

【Windows8】ピン留めとは?

また、デフォルトでスタート画面に表示されているショートカット(Windows8ではタイルという)が少ないので、このタイルを追加するには、スタート画面のタイルの無い場所で、マウスの右ボタンをクリックするとすべてのアプリと画面右下に表示されるので、これをクリックします。

【Windows8】ピン留めとは?

するとすべてのアプリが表示されるので、ピン留めしたいアプリを右クリックし

【Windows8】ピン留めとは?

スタート画面にピン留めする もしくは タスクバーにピン留めする を選択して、ピン留めして下さい。

Windows8入門へ戻る

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする