最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法

  • 多ビット(10Bit、12Bit)画像データの表示、フォーマット

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    多ビット(10Bit、12Bitなど)の画像データは10Bitや12Bitの型が存在しないため、モノクロの場合はushort型の16bit中、下位10Bit、12Bitなどを使って画像データを格納します。
    カラー10Bitの場合(RGB101010)は32Bit中の下位30Bitを使って画像データを格納します。

    この××Bit中のどのビットをR,G,Bの色に割り振るかは、ビットフィールドというものを使います。
    ビットフィールドを使うにはBITMAPINFOHEADERbiCompressionBI_BITFIELDSに設定します。

    どのビットをR,G,Bの色に割り振るかはRGBQUAD型の32Bitを使って有効ビットを指定します。
    bmiColors[0]R(赤)bmiColors[1]G(緑)bmiColors[2]B(青)の色のビットを設定するのに用います。

    実際の描画にはWin32APIのSetDIBitsToDevice関数かStretchDIBits関数を使います。

    モノクロ画像の場合(10~16Bitのとき)

    (例)モノクロ10Bitの場合、biBitCount = 16 とし、16Bit中下位10Bitを使います。
    表示に有効なビットを以下のように指定します。

    画像データ 00000011 11111111
    bmiColors[0] 00000000 00000000 00000011 11111111
    bmiColors[1] 00000000 00000000 00000011 11111111
    bmiColors[2] 00000000 00000000 00000011 11111111

    以上より、bmiColorsを10進数で表示すると以下のようになります。

    bmiColors[0].rgbReserved = 0;
    bmiColors[0].rgbRed          = 0;
    bmiColors[0].rgbGreen       = 3;
    bmiColors[0].rgbBlue          = 255;
    bmiColors[1].rgbReserved = 0;
    bmiColors[1].rgbRed          = 0;
    bmiColors[1].rgbGreen       = 3;
    bmiColors[1].rgbBlue          = 255;
    bmiColors[2].rgbReserved = 0;
    bmiColors[2].rgbRed          = 0;
    bmiColors[2].rgbGreen       = 3;
    bmiColors[2].rgbBlue          = 255;

    カラー画像の場合(R10G10B10Bitのとき)

    (例)カラー10Bitの場合、biBitCount = 32 とし、32Bit中、下位30Bitを使います。
    表示に有効なビットを以下のように指定します。

    画像データ 00111111 11111111 11111111 11111111
    bmiColors[0] 00111111 11110000 00000000 00000000
    bmiColors[1] 00000000 00001111 11111100 00000000
    bmiColors[2] 00000000 00000000 00000011 11111111

    以上より、bmiColorsを10進数で表示すると以下のようになります。

    bmiColors[0].rgbReserved = 63;
    bmiColors[0].rgbRed          = 240;
    bmiColors[0].rgbGreen       = 0;
    bmiColors[0].rgbBlue          = 0;
    bmiColors[1].rgbReserved = 0;
    bmiColors[1].rgbRed          = 15;
    bmiColors[1].rgbGreen       = 252;
    bmiColors[1].rgbBlue          = 0;
    bmiColors[2].rgbReserved = 0;
    bmiColors[2].rgbRed          = 0;
    bmiColors[2].rgbGreen       = 3;
    bmiColors[2].rgbBlue          = 255;

    サンプル画像

    16BitGrayImage

    画像データはこちら(16BitGray.zip

    【画像データプロパティ】
    幅:1024
    高さ:256
    ビット数:16
    BitField:16ビット中、下位10ビットの上位8ビットを表示設定
    輝度値:0~1023のグラデーション

    上記のビットマップファイルをTSXBINというバイナリエディタでヘッダ部分を表示すると以下の通りです。(値は16進数表示)

    多ビットビットマップファイルフォーマット

    エクプスローラのプロパティや標準的なビューアソフトでは16ビットとして認識されない場合が多いのでご注意下さい。

    注意事項

    この記事では10Bitなどの多ビット画像データを8Bitデータにシフト処理などする事なく、画像データを表示する方法を説明しています。実際のモニタ上にはRGB各8Bitの解像度で表示されます。
    モニタ上にRGB各10Bitで表示するには、別途、

    ■10Bit対応のモニタ
    ■10Bit対応のビデオカード
    ■10Bit対応の表示プログラム(Direct-X、OpenGL)

    の3点セットが必要となります。

    10ビット/8ビット表示はドコが違う!?:「FlexScan SX2462W」のDisplayPort入力で“約10億色リアル表示”を体感する (1/3) – ITmedia +D PC USER
    株式会社エーキューブ – ナナオ社製10bit対応モニタ「Flexscan」「ColorEdge」による動作確認
    AMD(ATI)の資料
    nVIDIAの資料

    最近のCCDカメラでは8Bitのみならず、10Bit、12Bitの出力を持つカメラが増えてきています。多ビットの画像データは低コントラストの画像データを処理するには有功な場合が多いのですが、ほとんどの画像処理ライブラリでは多ビットの画像データに対応していない場合が多いため、画像処理部分のプログラムを全て自作する必要が出てきます。
    また、8Bitが10Bitになるだけで、カメラから画像入力ボードへのデータ転送量は倍(16Bit/画素)となるため、フレームレートやスキャンレートの最速レートを出せなくなる場合があります。

    そのため、総合的に捉えて多ビットの画像データをお取り扱い下さい。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク