ビットマップファイルフォーマット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • ビットマップファイル(*.bmp)のファイルフォーマットです。

    ビットマップ全体の構造

    BITMAPFILEHEADER 14Byte
    BITMAPINFOHEADER 40Byte
    カラーテーブル(無い場合もあり) 4Byte*Index数
    画像データ

    各構造体について

    ■BITMAPFILEHEADER

    typedef struct tagBITMAPFILEHEADER {
    	WORD     bfType;
    	DWORD   bfSize;
    	WORD     bfReserved1;
    	WORD     bfReserved2;
    	DWORD   bfOffBits;
    } BITMAPFILEHEADER, *PBITMAPFILEHEADER;
    

    bfType ファイルタイプ ‘BM’
    bfSize ファイル全体のサイズ(バイト数)
    bfReserved1 予約領域 常に0
    bfReserved2 予約領域 常に0
    bfOffBits ファイル先頭から画像データまでのオフセット数(バイト単位)

    ■BITMAPINFO

    typedef struct tagBITMAPINFO {
    	BITMAPINFOHEADER  bmiHeader;
    	RGBQUAD                   bmiColors[1];
    } BITMAPINFO, *PBITMAPINFO;
    

    ●BITMAPINFOHEADER

    typedef struct tagBITMAPINFOHEADER{
    	DWORD  biSize;
    	LONG     biWidth;
    	LONG     biHeight;
    	WORD    biPlanes;
    	WORD    biBitCount;
    	DWORD  biCompression;
    	DWORD  biSizeImage;
    	LONG     biXPelsPerMeter;
    	LONG     biYPelsPerMeter;
    	DWORD  biClrUsed;
    	DWORD  biClrImportant;
    } BITMAPINFOHEADER, *PBITMAPINFOHEADER;
    

    biSize 構造体のサイズ 40
    biWidth 画像の幅(ピクセル数)
    biHeight 画像の高さ(ピクセル数)
    値が負の場合、画像の上下が逆になる
    biPlanes プレーン数 常に1
    biBitCount 1画素あたりのビット数 1,4,8,16,24,32
    biCompression 圧縮形式 BI_RGB, BI_RLE8, BI_RLE4
    BI_BITFIELDS, BI_JPEG, BI_PNG
    biSizeImage 画像データのサイズ(バイト数) BI_RGBの場合0でも可
    biXPelsPerMeter 水平方向の1Mあたりの画素数 0でも可
    biYPelsPerMeter 垂直方向の1Mあたりの画素数 0でも可
    biClrUsed カラーテーブルの色数 0でも可
    biClrImportant 表示に必要なカラーテーブルの色数 0でも可

    ●RGBQUAD(カラーテーブル)

    typedef struct tagRGBQUAD {
    	BYTE    rgbBlue;
    	BYTE    rgbGreen;
    	BYTE    rgbRed;
    	BYTE    rgbReserved;
    } RGBQUAD;
    

    rgbBlue 青の輝度値 0~255
    rgbGreen 緑の輝度値 0~255
    rgbRed 赤の輝度値 0~255
    rgbReserved 予約領域 常に0

    biBitCountが1,4,8のとき、RGBQUAD構造体のカラーテーブルが指定されます。
    biBitCountが24,32のときは存在しません。
    ただし、biCompressionがBI_BITFIELDS かつ、biBitCountが16,32の場合、
    多ビット(10Bit,12Bitなど)が表示可能となり、ビットフィールドが指定されます。

    ■画像データ

    モノクロ画像の場合、輝度値が格納されています。

    24Bitカラーの場合、B,G,R,B,G,R・・・の順で各輝度値が格納されています。
    32Bitカラーの場合、B,G,R,A,B,G,R,A・・・の順で各輝度値が格納されています。

    画像データは、画像の左から右、下から上へ向かう順番で格納されます。

    画像データ

    また、1行あたりのメモリのサイズは4の倍数バイトになるように調整されています。
    この値は以下のようにして計算しています。

    VBの場合

    ((biWidth * biBitCount + 31) \ 32) * 4

    Cの場合

    ((biWidth * biBitCount + 31) / 32) * 4

    4の倍数バイト(32ビットの倍数)になるように調整しています。

    ビットマップファイルを開く場合の注意点について

    ビットマップファイルを開く場合、ヘッダ情報をもとに画像データ格納用のメモリを確保し、
    そのメモリにデータを格納しますが、ヘッダの値はすべて正しく記載されているとは限りません。私の場合、以下の値を信じてメモリの確保などを行っています。

    biWidth, biHeight, biBitCountを用いて画像データ格納用メモリの確保
    biOffBitsを用いて、画像データまでのファイルのシークを行う。

    biSizebiSizeImageなどは信じない方が良いと思います。