ラインセンサカメラ撮影システム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインセンサカメラは1ラインの画素数が現在では最大16384画素のカメラがあるなど、高解像度で撮影できるという魅力があるものの、被写体を動かす必要があり、エリアセンサを使うよりも、どうしても撮影システムが複雑になってしまいます。

また、エリアセンサと比べると露光時間が高速(短くなる)になるがゆえの問題も発生しがちです。

今後、それらの問題等についても、まとめていこうと思いますが、まずは一般的な撮影システムは下図のようなイメージとなります。

ラインセンサカメラ撮影システム

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント