ラインセンサカメラ撮影システム

ラインセンサカメラは1ラインの画素数が現在では最大16384画素のカメラがあるなど、高解像度で撮影できるという魅力があるものの、被写体を動かす必要があり、エリアセンサを使うよりも、どうしても撮影システムが複雑になってしまいます。

 

また、エリアセンサと比べると露光時間が高速(短くなる)になるがゆえの問題も発生しがちです。

 

今後、それらの問題等についても、まとめていこうと思いますが、まずは一般的な撮影システムは下図のようなイメージとなります。

 

ラインセンサカメラ撮影システム



web拍手 by FC2

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー: マシンビジョン  タグ: . Bookmark the permalink.

ラインセンサカメラ撮影システム への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ラインセンサカメラとエンコーダとの同期撮影方法 | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です