【Excel】行列の積、逆行列、転置行列の計算

エクセルで行列の計算をするときの最大のポイントは、計算式を入力後

 

ctrl shift enter を同時に押すことです。

 

エクセルのヘルプを見ても、この事はどこに書いてあるのか?分からないので、ちょっとハマりやすいかもしれません。(私ははまりました。)

 

行列の積[MMULT(行列1,行列2)]

まず、行列の積の計算を行う行列を入力しておきます。
次に行列の積の計算結果を表示するセルを選択します。

 

行列の積

 

セルを選択した状態で、行列の積の計算式

 

= MMULT(行列1, 行列2)

 

を入力します。

 

行列の積

 

ここで、EnterではなくCtrlキーとShiftキーとEnterキーを同時に押します。

 

行列の積

 

逆行列[MINVERSE(行列)]

逆行列に関しても同様に

 

=MINVERSE(行列)

 

と入力します。

 

逆行列

 

ここで、EnterではなくCtrlキーとShiftキーとEnterキーを同時に押します。

 

逆行列

 

転置行列[TRANSPOSE(行列)]

転置行列の計算式は

 

=TRANSPOSE(行列)

 

となります。

 

転置行列の計算

 

クドいですが、EnterではなくCtrlキーとShiftキーとEnterキーを同時に押します。

 

転置行列

 

この行列の積、逆行列、転置行列がエクセルで解けると何が良いか?というと、

 

●連立方程式
●座標の回転
●最小二乗法
●擬似逆行列(一般逆行列)

 

などが解けるようになります。
これらを知らないと、いちいちプログラムを組んで計算の検証をしたりもしますが、
エクセルで出来るようになると、とっても簡単、お手軽です。



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: Excel  タグ: , , , . Bookmark the permalink.

【Excel】行列の積、逆行列、転置行列の計算 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: エクセルで解く最小二乗法 | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です