【C++/CLI】Graphicsオブジェクトの作成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • .NETではピクチャボックスに画像や線、文字などを描画するには、Graphicsオブジェクトを作成し、このGraphicsオブジェクトに対して描画を行います。

    Graphicsオブジェクトを作成する方法は3つ。
    1.Imageオブジェクトから作成(オススメ!)
    2.CreateGraphicsメソッドを使う方法(使わないことをオススメ!)
    3.PaintイベントのPaintEventArgsから取得する方法

    Graphiscオブジェクトを作成したら、画像の描画は

    g->DrawImage(bmp, 0, 0);

    線の描画は

    g->DrawLine(Pens::Blue,0, 0, 100, 100);

    というような具合で。

    Imageオブジェクトから作成

    (コード例)

    //PictureBoxと同じ大きさのBitmapクラスを作成する。
    Bitmap^ bmpPicBox = gcnew Bitmap(pictureBox1->Width, pictureBox1->Height);
    //空のBitmapをPictureBoxのImageに指定する。
    pictureBox1->Image = bmpPicBox;
    //Graphicsオブジェクトの作成(FromImageを使う)
    Graphics^ g = Graphics::FromImage(pictureBox1->Image);
    

    上記コードをフォームのResizeイベントなどで処理を行い、作成したGraphicsオブジェクトを使い回せばよいかと思います。
    この手法だと再描画は勝手にやってくれる上に、CreateGraphicsを使うよりも
    格段に描画が速くなります。
    .NET(GDI+)による描画が遅い!と思っている方は、まずはこの方法をお試し下さい。
    (でも個人的には、それでも遅く感じます)

    CreateGraphicsメソッドを使う

    (コード例)

    //Graphicsオブジェクトの作成(CreateGraphicsを使う)
    Graphics^ g = pictureBox1->CreateGraphics();
    

    この手法だと簡単ですが描画がかなり遅くなります。
    しかも再描画してくれません...
    説明が簡単なので、使っちゃう場合もありますが。

    PaintイベントのPaintEventArgsから取得する

    (コード例)

    private: System::Void pictureBox1_Paint(System::Object^  sender, System::Windows::Forms::PaintEventArgs^  e) {
    //PaintEventArgsから取得
    Graphics^ g = e->Graphics;
    }
    

    この方法が一番高速ですが、ちょっと扱いにくい。

    ImageオブジェクトからGraphicsオブジェクトを作成する方法とCreateGraphisメソッドを使った方法の処理時間の比較などを「モノクロ画像の上に線などを描画」のページで紹介しています。
    もしよろしければご参照下さい。