【OpenCV】コンピュータにopencv_objdetect220d.dllがないため、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • OpenCVのサンプルプログラムなどを動かそうとすると、下図のように

    コンピュータにopencv_objdetect220d.dllがないため、プログラムを開始できません。
    この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみて下さい。


    コンピュータにopencv_objdetect220d.dllがないため、

    などと、他にもコンピュータにopencv_core220d.dllがないため、・・・だったりと、ファイル名は違うかもしれませんが、このようなエラーメッセージが表示される場合があります。

    dllファイルはコンピュータに入っているし、なぜ???と思われる方もいると思いますが、Windowsではダイナミックライブラリファイル(*.dll)は下記の特定のフォルダに入っていないと見つけてくれません。

    1. アプリケーション(*.exe)と同じフォルダ
    2. カレントディレクトリ
    3. システムディレクトリ(C:\Windows\System32 など)
    4. 16Bitシステムディレクトリ(C:\Windows\System など)
    5. Windowsディレクトリ(C:\Windows など)
    6. PATH環境変数に列挙されているディレクトリ

    OpenCV2.2ではインストール時に、OpenCVをPATH環境変数に追加するか?と聞かれるのですが、これを忘れてしまうと、このエラーメッセージが表示されてします。

    そのため、このエラーが出た時には自分でPATH環境変数にOpenCVのPATH(OpenCVのdllファイルのあるディレクトリ)を設定する必要があります。

    設定方法は以下の通り。

    設定方法は、スタートメニューから、コンピュータ右クリックし、プロパティを選択します。

    ライブラリの使用方法

    次に表示されたウィンドウのシステムの詳細設定をクリック

    ライブラリの使用方法

    詳細設定のタブを選択し、右下の環境変数のボタンをクリック

    ライブラリの使用方法

    すると下図のように××のユーザー環境変数システム環境変数と2種類表示され、両方ともにPathの項目があるのですが、××のユーザー環境変数のPathを設定するとWindowsにログインしたときのユーザーのみでPathの設定が有効となり、システム環境変数のPathを設定すると全ユーザーでPathの設定が有効となります。
    私は『ログインしたユーザーを変えるとプログラムが起動しないんだけど?!』とか言われたく無いので、システム環境変数のPathを設定 するようにしています。

    そして、Pathの項目を選択し、編集ボタンをクリックします。

    ライブラリの使用方法

    そして、編集値の欄に*.dllファイルがインストールされているパス(フォルダ名のフルパス)をセミコロン(;)に続けて記載します。

    (例)
    ;C:\OpenCV2.2\bin

    ライブラリの設定方法

    この時、元にあった文字は消さないように注意して下さい。
    消されたプログラムが起動しなくなります。

    最後にパソコンを再起動して下さい。

    これで、 コンピュータに*.dllファイルがないため、 というエラーは無くなると思います。

    (参考)

    ライブラリの使用方法、VisualStudioの設定方法

    OpenCVへ戻る

    コメント

    1. 前田浩巳 より:

      参考になりました、最近アドビのアンコールを立ち上げると、「CFHDDecoder64.dll
      が無い」と表示され困っていました、参考にしてみます。

      • akira より:

        前田さん、コメント頂きありがとうございます。
        アドビのような大規模なソフトではDLLファイルの関連が絡み合いまくっているので、そう簡単には直せない場合があります。
        簡単にはCFHDDecoder64.dllのファイルがあるのであれば、exeファイルと同じフォルダにDLLファイルを入れてみるのも、いいと思いますが、それでダメなら再インストールした方がよいかもしれませんね。

    2. ヨウ より:

      ありがとうございます!本当に助かりました!

      「dllがあるのに、なぜ」という6つのポイントがよくできていますね。おかげで、他の疑問も解きました。

      • akira より:

        ヨウさん、コメントありがとうございます。
        DLLを使うには慣れないとエラーメッセージの意味が分かりづらいですよね。
        結局は*.h,*.lib,*.dllの3点セットのファイルをどのように使えるようにすれば良いのか?がポイントなわけですが、OpenCVのセットアップを何回かやっていくうちに、他のライブラリを使うのも理解できるようになってくると思います。
        頑張って下さい。