【OpenCV】ステップイン実行でOpenCVのソースを確認する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • OpenCVは当然ながらオープンソースなので、ソースコードは公開されているのですが、ある特定の関数がOpenCV内部では、どのような処理をしているのか?を確認するのに、いきなりソースコードを眺めても、処理を追うのは、かなり困難かと思います。

    そんな時には、やはりデバッグ実行しながら処理を追いかけた方が分かりやすいのですが、OpenCVの関数内へステップイン実行する方法を紹介します。

    まず、確認したい処理のサンプルプログラムを作成し、ステップイン(関数の中身へ移動する)したい関数の行の右端のグレーの部分をクリックするか、ステップインする関数の行を選択してF9ボタンを押し、ブレイクポイント(処理を一時停止する場所)を指定します。

    すると行の左側へ赤丸印が表示され、デバッグ実行を行うと、この赤丸印までの処理が行われ、一時停止状態となります。

    StepInExecution_3

    次にメニューのデバッグステップインと選択するか、F11ボタンを押すと、以下のように初回だけ表示されます。

    これは、今回の例ではcv::imshowの中身を見ようとしているのですが、この処理に必要なファイルがどこにあるのか?を聞かれます。

    今回の例ではファイルの種類の部分にmatrix.cppと表示されているので、このファイルがあるフォルダを探し、そのフォルダを指定します。

    ちなみに、matrix.cppのファイルは \opencv\modules\core\src 内にあります。

    【OpenCV】ステップイン実行

    すると、ブレークポイントで指定した行で使われている関数の中へ、処理が移動していきます。

    引き続きステップイン(F11ボタンを押す)実行を行うと、さらに関数の内部へ、ステップオーバー(F10ボタンを押す)実行を行うと、関数の内部へは行かずに、次の行へと移動します。

    そうすると、実際に行われている処理の通りに、表示される行が移動していくので、処理の流れを確認し易いかと思います。

    ちなみに!

    今回、確認したかったのはcv::imshowの処理。

    Windowsでは画像データのメモリの幅が4の倍数バイトとなるように調整しないと正しく表示されないハズにも係わらず、C++インターフェースのcv:Matでは、メモリの幅のバイト数を示すstepの値が、必ずしも4の倍数とならないのが、とても気になっていたんです。

    そこで、実際にモノクロ8ビット(CV_8UC1)のcv::Matをcv::imshowへ渡し、ステップイン実行してみたところ、モノクロ画像と同じ画素数の24bitのメモリを確保し(このメモリは、幅が4の倍数バイトに調整されている)、cvConvertImage関数が呼ばれ、その内部では、OpenCV内部だけで使われるicvCvt_Gray2BGR_8u_C1C3Rという関数が実行され、8bitグレーの輝度値がR,G,Bの値が同じ、24bitのカラーデータへと変換されて、Win32APIのBitBltで画像が表示されている事が分かりました。

    つまり、cv::imshowでモノクロの画像を表示する時に関数内部では、モノクロ画像の3倍のメモリが確保され、モノクロからカラーデータへの変換が行われています。

    って、なんて無駄なんだ~!

    この辺はやっぱりIplImageの方が好きなんだよな~

    OpenCVへ戻る