最近の記事
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ

  • 【OpenCV】アンシャープマスキング(鮮鋭化)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    アンシャープマスキング(Unsharp Masking)もOpenCVに無い関数の1つのなのですが、OpenCVには任意カーネルを指定してフィルタ処理を行っているcvFilter2Dという関数があるので、これを使ってアンシャープマスキングを実現する手法を紹介します。

    アンシャープマスキングのアルゴリズムについては以前、アンシャープマスキング(鮮鋭化フィルタ)のページで紹介しているので、そちらを参照願います。

    以下、アンシャープマスキングのサンプルプログラムです。OpenCV2.2を用いて、作成しています。

    // UnsharpMasking.cpp : コンソール アプリケーションのエントリ ポイントを定義します。
    //
    
    #include "stdafx.h"
    
    //プロジェクトのプロパティ⇒C/C++⇒全般 の追加のインクルードディレクトリに
    // 『C:\OpenCV2.2\include』を追加のこと
    #include "opencv2\\opencv.hpp"
    
    #ifdef _DEBUG
        //Debugモードの場合
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_core220d.lib")
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_imgproc220d.lib")
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_highgui220d.lib")
    #else
        //Releaseモードの場合
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_core220.lib")
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_imgproc220.lib")
        #pragma comment(lib,"C:\\OpenCV2.2\\lib\\opencv_highgui220.lib")
    #endif
    
    //---------------------------------------------------------------
    //【関数名 】:cv_UnsharpMasking
    //【処理概要】:アンシャープマスキング
    //【引数  】:src        = 入力画像
    //      :dst        = 出力画像
    //      :k		   = 鮮鋭化の強さ
    //【戻り値 】:なし
    //【備考  】:
    //---------------------------------------------------------------
    void cv_UnsharpMasking(IplImage* src, IplImage* dst, float k){
    	//カーネルの設定
    	float KernelData[] = {
    		-k/9.0f, -k/9.0f,			-k/9.0f,
    		-k/9.0f, 1 + (8 * k)/9.0f,	-k/9.0f,
    		-k/9.0f, -k/9.0f,			-k/9.0f,
    	};
    	//カーネルの配列をCvMatへ変換
    	CvMat kernel = cvMat (3, 3, CV_32F, KernelData);
    	//フィルタ処理
    	cvFilter2D (src, dst, &kernel);
    }
    
    int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
    {
    
    	//画像データの読込
    	IplImage* src = cvLoadImage("sample.bmp", CV_LOAD_IMAGE_ANYDEPTH | CV_LOAD_IMAGE_ANYCOLOR);
    	if (src == NULL){
    		return 0;
    	}
    
    	//表示ウィンドウの作成
    	cvNamedWindow("src");
    	cvNamedWindow("dst");
    
    	//処理後画像データの確保
    	IplImage* dst = cvCreateImage(cvGetSize(src), src->depth, src->nChannels);
    
    	//アンシャープマスキング
    	cv_UnsharpMasking(src, dst, 2.0f);
    
    	//画像の表示
    	cvShowImage ("src", src);
    	cvShowImage ("dst", dst);
    
    	//キー入力待ち
    	cvWaitKey (0);
    
    	//全てのウィンドウの削除
    	cvDestroyAllWindows();
    
    	//画像データの解放
    	cvReleaseImage(&src);
    	cvReleaseImage(&dst);
    
    	return 0;
    }
    
    

    サンプルプログラムのダウンロードはこちらより。

    OpenCV-UnsharpMasking.zip

    (OpenCV2.2対応。Visual Studio 2010 C++ Expressにより作成)

    実行例

    アンシャープマスキング

    このサンプルプログラムは、任意カーネルフィルタのサンプルにもなっているので、プログラム中のKernelDataの値をいろいろと変えてみるのも面白いと思います。

    OpenCVへ戻る

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク