【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • Windows8にスタートメニューが無いのは、しばらく使ってみても、やはり、違和感があり、スタートメニューのアプリ Classic Shell というのを試してみました。

    このスタートメニューアプリのダウンロードは電机本舗のページ

    http://dnki.co.jp/system/joomla_1_0_xx/joomla_1_0_15JP_Stable/content/view/145/79/

    の下の方の 日本語化を強化した再配布版です 「Classic Shell 3.6.1J」の部分から入手できます。

    ただし、Windows8で「Classic Shell 3.6.1J」の部分をクリックすると

    【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

    というような警告が出るので、 詳細情報 の部分をクリックします。

    【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

    さらに上図のような警告が出ますが、実行をクリックします。

    あとは、通常通り、途中に警告も出ますが はい や NEXT をクリックしていけばOKです。

    すると、ちょっと違和感があるものの、スタートボタン が出現してくれます。

    【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

    このスタートメニューの設定ですが、スタート→設定→Classic Start Menu をクリックします。

    すると、こんな↓歴代のWindowsのスタート画面を選択できます。

    【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

    また、基本設定での設定項目は以下の通りです。

    【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す

    ちょっと気になった設定を

    ■Windows Key opens:

    Windowsキーを押した時の動作が設定できます。

    Windows8のスタート画面を積極的に使いたいなら、Windows スタートメニュー を

    逆に使いたくないなら Classic Start Menu を選択したら良いと思います。

    ■Shift + Win opens:

    Shiftキーを押しながらWinキーを押した時、もしくはShiftキーを押しながらスタートボタンを押した時の動作を設定します。

    特にWindows Key opens:の設定でClassic Start Menuを選択した場合に、たまにWindows8のスタート画面へ行きたい場合などはWindowsスタートメニューを選択した方が良いと思います。

    逆に何が何でもWindows8のスタート画面へ行きたくない場合は、他を選択して下さい。

    ■Skip Metro screen:

    Windows8の起動直後に表示されるスタート画面を表示せずにデスクトップ画面を表示するか?の設定。

    起動直後にデスクトップ画面を表示したいなら、チェックを入れます。

    と、他にも細かい設定がありますが、Windows8にどうしても慣れない人や、従来のソフトで、スタートアップを使ってアプリを起動していた場合などは、このソフトを使うと良いと思います。

    ある意味、Windows8を否定しちゃっている気もしますが、デスクトップ⇔スタート画面の切替が、Shiftキー+Winキーで切り替わるなど、誤操作で切り替わりにくい感じなど、バランスが程良いと思います。

    Windows8入門へ戻る

    コメント

    1. […] 9/6 【Windows8】スタートメニューアプリ「Classic Shell」を試す […]