【Windows8】Internet Explorerがストアアプリで開かなくなった場合

Windows8でスタート画面からInternet Explorerのタイルをクリックしてもデスクトップモードへ切り替わり、デスクトップのアプリとしてInternet Explorerが開いてしまうようになる場合があります。

 

これは、Windows8にFireFoxなどの別のブラウザをインストールし、そのブラウザをWebページを開くときの規定のプログラムに設定してしまった場合に起きる現象で、Internet Explorerを規定のプログラムに設定しなおすとInternet Explorerのタイル

 

【Windows8】Internet Explorerがストアアプリで開かなくなった場合

 

をクリックしてもWindows8ストアアプリとしてInternet Explorerが開いてくれるようになります。

 

設定方法は以下の通り。

 

まず、Internet ExplorerのタイルもしくはデスクトップからInternet ExplorerのアイコンをダブルクリックしてInternet Explorerを起動します。

 

起動したらブラウザの右上にある設定ボタンをクリックし、インターネットオプションをクリックします。

 

【Windows8】Internet Explorerがストアアプリで開かなくなった場合

 

インターネットオプションのウィンドウのプログラムタブを選択し、Internet Explorerを規定のブラウザーにします。をクリックします。

 

【Windows8】Internet Explorerがストアアプリで開かなくなった場合

 

次に左側に表示されているプログラムの中からInternet Explorerを選択し、すべての項目に対し、規定のプログラムとして設定するをクリックします。

 

【Windows8】Internet Explorerがストアアプリで開かなくなった場合

 

これで、次回からのInternet Explorer起動時にそれぞれ、スタート画面からInternet Explorerをクリックした場合はストアアプリとして、デスクトップ画面からアイコンをクリックした場合はデスクトップアプリとして、起動します。

 

何気にWindows8をタブレットとして使った場合のInternet Explorerは、そこそこお気に入りなもので。

 

Windows8入門へ戻る



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: Windows8  タグ: , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です