コンピュータビジョン最先端ガイド5

スポンサーリンク

コンピュータビジョン最先端ガイド1,2,3と来て第五弾の

コンピュータビジョン最先端ガイド5が発売されました。

コンピュータビジョン 最先端ガイド5

今回のテーマはズバリ、三次元

最近、三次元と言えば何かと話題なKinectネタは無いのですが、ステレオ法やパターン投映法などのアルゴリズム説明について記載されています。

いつもながら、数式多めのちょっと難しめ。

ちなみに、全ページ数が97ページと、従来の本よりも少し少な目だからか?値段も1500円と少しお安くなっています。

(参考)

コンピュータビジョン 最先端ガイド5 - CVIMチュートリアルシリーズ -

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%9C%80%E5%85%88%E7%AB%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%895-CVIM%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E6%9D%BE%E4%B8%8B-%E5%BA%B7%E4%B9%8B/dp/4915851478/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1355297981&sr=8-4

目次

第1章 照度差ステレオ

第2章 複数枚画像からの三次元復元手法

第3章 構造化光を用いたアクティブ3次元計測の原理と展開

参考文献へ戻る

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連記事

関連記事
スポンサーリンク