Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • ※2013.6.29追記
    下記、記事はやや古い内容の記事です。
    現在のマウスの設定方法についてはこちらの記事↓

      Windows8向けマウスの設定方法

    を参照下さい。


    Windows8はModernユーザーインターフェース(Metro)と言われるタブレット向けの色が濃くなったので、デスクトップPCでWindows8を使っていると、スタートメニューは無いし、マウスを4つ角に合わせるのも、デュアルモニタだと、やりづらいしで、あまり評価は良くないように思います。

    が、マウス、キーボードの設定をちょっと変更してみたところ、意外とWindows8でも操作性がよく、動作も軽く動いてくれるので、Windows8でもイイんじゃないか?と思えるようになったので、その設定を紹介したいと思います。

    前提条件はマイクロソフトのマウス/キーボードの話なのですが、他メーカでも同じような設定があるようであればお試し下さい。

    まず、2012年10月現在ではマウス/キーボード用のソフトウェアはMouse and Keyboard Centerという物が出ているのですが、ここではあえて、ちょっと古いInteliPointInteliTypeというソフトを使います。

    ダウンロード先はこちら↓

    Microsoft IntelliPoint 8.2 Mouse Software for Windows(64bit版)

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26948

    Microsoft IntelliPoint 8.2 Mouse Software for Windows(32bit版)

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26947

    Microsoft IntelliType Pro 8.2 Keyboard Software for Windows(64bit版)

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26950

    Microsoft IntelliType Pro 8.2 Keyboard Software for Windows(32bit版)

    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26949

    マウスの設定

    マウスの設定は以下のようにしました。

    ホイールボタン フリップ 3D
    左側のボタン マクロ(Winキー)
    右側のボタン マクロ(チャーム)

    Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

    マクロと書いてある部分は、自分で一連の動作を登録する方法で、設定方法は別途、下記ページを参照下さい。

    【Windows8】マウスボタンにWindowsキーを割り当てる方法

    キーボードの設定

    Windows7の目玉の一つでもあった、エアロ表示はWindows8でいきなり使えなくなったので、マイクロソフトのキーボードに多い、右側Altキーの右側にあるフリップキーが使い物にならなくなってしまいました。

    このキーをフリップから、あえてフリップ3Dへ変更します。

    変更方法はMicrosoftキーボードの設定アプリを実行し、キーボードのプロパティのキー設定より、フリップ3Dの部分をダブルクリックします。

    Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

    次に一覧からコマンドを選択するを選択し、次へをクリックします。

    Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

    そして、デフォルトではフリップの設定になっているところを、フリップ3Dに変更します。

    Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

    この設定で、フリップキーを押すと、Windows8アプリの切替が可能となります。

    (マウスのホイールボタンに設定したフリップ3Dでもアプリの切替ができます。)

    Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定

    最新版のマウス/キーボードのソフトを使わないのは、Windows8環境では、このフリップ3Dが選択できないためです。

    と、この設定をしてからは、かなり快適にWindows8を操作できるようになった気がするので、おススメではあるのですが、自分好みの設定を探してみるのも良いと思います。

    Windows8入門へ戻る

    コメント

    1. […] 10/1 Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定 […]

    2. […] 10/1 Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定 […]

    3. […] 10/1 Windows8をデスクトップPCで快適に使うためのキーボード、マウス設定 […]