tkinter

【Python/tkinter】Canvas(キャンバス)の作成

Canvasは、線や円などの図形や画像を表示するためのベースとなるものとなります。

C#でいうところのPictureBoxです。

Canvasには、図形や画像を表示する以外にも描画領域をスクロールできる機能もありますが、今回はCanvasの作成についてです。

ただ、Canvasを配置しただけの簡単なサンプルは以下のようになります。

 

(実行画面)

python tkinter Canvas

(プログラム)

import tkinter as tk

class Application(tk.Frame):
    def __init__(self, master = None):
        super().__init__(master)

        self.master.title("タイトル")    # ウィンドウタイトル
        self.master.geometry("300x200") # ウィンドウサイズ(幅x高さ)

        # Canvasの作成
        canvas = tk.Canvas(
            self.master, 
            width = 200,
            height = 100,
            bg = "cyan"
            )
        # Canvasを配置
        canvas.pack()

if __name__ == "__main__":
    root = tk.Tk()
    app = Application(master = root)
    app.mainloop()

オプション

オプション名 説明
background 背景色を指定します。(bgと同じ)
bd 枠線の太さを指定します。(borderwidthと同じ)
bg 背景色を指定します。(backgroundと同じ)
borderwidth 枠線の太さを指定します。(bdと同じ)
closeenough
confine
cursor ウィジェット上にマウスポインタがある際のカーソルの種類を指定します。
(参考)https://tkdocs.com/shipman/cursors.html
height キャンバスの高さを指定します。
highlightbackground
highlightcolor
highlightthickness
insertbackground
insertborderwidth
insertofftime
insertontime
insertwidth
offset
relief キャンバスの枠線のスタイルを指定します。
【設定値】tk.RAISED, tk.GROOVE, tk.SUNKEN, tk.RIDGE, tk.FLAT
scrollregion スクロールする領域のサイズを指定します。
selectbackground
selectborderwidth
selectforeground
state ウィジェットの有効(NORMAL)/無効(DISABLED,操作できない状態)を指定します。
【設定値】tk.NORMAL, tk.DISABLED
【初期値】tk.NORMAL
takefocus
width キャンバスの幅を指定します。
xscrollcommand 横方向にスクロールするスクロールバーの スクロールバー.set を指定します。
xscrollincrement 横方向のスクロールバーの矢印をクリックしたときの移動量を指定します。
yscrollcommand 縦方向にスクロールするスクロールバーの スクロールバー.set を指定します。
yscrollincrement 縦方向のスクロールバーの矢印をクリックしたときの移動量を指定します。

 

関連記事

Canvasに画像を表示する方法については、以下のページを参照ください。

【Python/tkinter】Canvasに画像を表示する
まず、Canvasを作成し、画像ファイルを開き、Canvasに画像を表示するサンプルは以下のようになります。 im...
スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました