tkinter

【Python/tkinter】Frame(フレーム)

Frameはいくつかのウィジェットを配置するための枠、まさにフレームです。
C#でいうところのPanelと同じです。

Frameを使うとウィジェットの配置の自由度が増します。
ウィジェットを配置するには、pack,grid,placeの3つのメソッドがありますが、一つのコンテナ(Frameなど)にはpack,grid,placeの3つの混在使用ができないのですが、複数のFrameを用いて、まずは大枠を作り、そこにウィジェットを配置すると、比較的簡単にイメージ通りの画面が作成できると思います。

Frameを使って、ツールバー、ステータスバー、右カラムを作ってみたいと思います。

(実行画面)

Python tkinter Frame

(プログラム)

import tkinter as tk

class Application(tk.Frame):
    def __init__(self, master = None):
        super().__init__(master)

        self.master.geometry("300x200") 

        #---------------------------------------
        #  ツールバー
        #---------------------------------------
        # ツールバー用Frame
        frame_toolbar = tk.Frame(self.master)
        # ツールボタン
        button1 = tk.Button(frame_toolbar, text = "1", width = 2)
        button2 = tk.Button(frame_toolbar, text = "2", width = 2)
        button3 = tk.Button(frame_toolbar, text = "3", width = 2)
        # ボタンをフレームに配置
        button1.pack(side = tk.LEFT)
        button2.pack(side = tk.LEFT)
        button3.pack(side = tk.LEFT)
        # ツールバーをウィンドの上に配置
        frame_toolbar.pack(fill = tk.X)

        #---------------------------------------
        #  ステータスバー
        #---------------------------------------
        # ツールバー用Frame
        frame_statusbar = tk.Frame(self.master, relief = tk.SUNKEN, bd = 2)
        # ステータスラベル
        label = tk.Label(frame_statusbar, text = "StatusLabel")
        # ラベルをフレームに配置
        label.pack(side = tk.LEFT)
        # ステータスバーをウィンドの下に配置
        frame_statusbar.pack(side = tk.BOTTOM, fill = tk.X)

        #---------------------------------------
        #  右カラム
        #---------------------------------------
        # 右カラム用Frame
        frame_column = tk.Frame(self.master, relief = tk.SUNKEN, bd = 2, width = 100)
        frame_column.propagate(False) # フーレムサイズの自動調整を無効にする
        # チェックボタン
        check1 = tk.Checkbutton(frame_column, text = "Check1")
        check2 = tk.Checkbutton(frame_column, text = "Check2")
        check3 = tk.Checkbutton(frame_column, text = "Check3")
        # チェックボタンをフレームに配置
        check1.pack()
        check2.pack()
        check3.pack()
        # 右カラムをウィンドの右に配置
        frame_column.pack(side = tk.RIGHT, fill = tk.Y)

        #---------------------------------------
        #  残りの領域
        #---------------------------------------
        frame = tk.Frame(self.master, relief = tk.SUNKEN, bd = 2, bg = 'dark cyan')
        frame.pack(expand = True, fill = tk.BOTH)

if __name__ == "__main__":
    root = tk.Tk()
    app = Application(master = root)
    app.mainloop()

ポイント

  • 枠線の種類(relief)を指定するときは、枠線の太さ(bd)も指定する事。(枠線の太さは初期値が0のため)
  • Frameの幅(width)もしくは高さ(height)を数値で指定したいときは、
    フレーム.propagate(False)メソッドを呼ぶこと。
    propagate()を呼ばない場合、フレーム内のウィジェットに合わせてサイズが自動調整されます。
  • Frameを残りの領域全体に広げたい場合はpack時にexpand = True, fill = tk.BOTHの両方を指定すること

オプション

オプション名 説明
bd 枠線の太さを指定します。(borderwidthと同じ)
borderwidth bdと同じ
bg 背景色を指定します。(backgroundと同じ)
background bgと同じ
cursor ウィジェット上にマウスポインタがある際のカーソルの種類を指定します。
(参考)https://tkdocs.com/shipman/cursors.html
height フレームの高さを画素数で指定します。
highlightbackground
highlightcolor
highlightthickness
padx フレームの内側に配置するウィジェットまでの横方向の隙間を指定します。
【初期値】0
pady フレームの内側に配置するウィジェットまでの縦方向の隙間を指定します。
【初期値】0
relief ボタンのスタイルを指定します。
【設定値】tk.RAISED, tk.GROOVE, tk.SUNKEN, tk.RIDGE, tk.FLAT
takefocus
width フレームの幅を画素数で指定します。
wraplength 文字の折り返し幅を指定します。

 

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました